ブータンの建築〜街中

街中や郊外では、建設ラッシュ。
外観は、伝統的な形にしなければならない
法律があります。
d0297177_11530859.jpg
d0297177_11551036.jpg
高さ6階建てまで。
建てる前に役所に申請します。
ブータン建築の最大の特徴です。
そういった規制が認められることは、
素晴らしいと思いました。
美しい街並みや、美しい田園風景が
保たれています。

外観さえ、伝統的なスタイルであれば、
材料は自由。街中は、コンクリートが
主力で、フレームはコンクリートで、壁はレンガ
が多いようでした。

建物一つ一つの個性ではなく、
全体性を重視する姿勢です。
経済発展を重視する自由な国ではありえないことです。
文化的なことと、経済の発展のバランスといった国の
政策だからこそ可能なことだと思いました。

建設現場をみることが一つの楽しみでした。
d0297177_11535253.jpg
d0297177_11541050.jpg
d0297177_11532947.jpg
d0297177_11533835.jpg
気づいたことは、現場には、クレーンがありませんでした。
人力に多くを頼る施工が原則。
柱、梁、スラブは、コンクリート。
コンクリートは、現場で、練ったコンクリートを
機会で上まで運び、流し込んでいきます。
壁はレンガで積み上げます。
屋根(小屋組)は、鉄パイプで組み上げ
波板を葺きます。

# by shimada1217 | 2019-05-19 12:05 | 建築 | Comments(0)

ブータンの仏教と生活

ブータンでは日常生活に仏教の教えがとても強く根付いています。
旅行を通じて一番印象的な事でした。
d0297177_11555767.jpg

ブータンでの積極的な環境政策は、
数百年後の自分たちの子孫や生まれ変わりが
今と変わらない環境で生活できることを
大切にしています。
→持続可能な環境を目指しています。

生まれ変わり、六道輪廻を信じ、
動物は、生まれ変わりと考え、
基本的に殺生はしません。
食事は、野菜やお米中心の生活。
d0297177_12003043.jpg
d0297177_11572577.jpg

街中には、たくさんの犬がいます。お犬様です。
年配の方々は、お寺に集まり
お祈りをします。今までの罪の反省、来世のため、
先祖供養のため。また日常でも、お経を読んだりします。
d0297177_11524938.jpg
d0297177_11523597.jpg
学校では、毎日、朝礼にて
お経を唱えて仏教による教えを皆に伝えています。
d0297177_11553413.jpg
政治と宗教は、制度の上では、切り離されて
いますが、建物は、"ゾン"と呼ばれる
寺院と役所機能が一体の建物です。
役所にくると一緒にお参りができます。
d0297177_11521664.jpg
d0297177_11543579.jpg
d0297177_11545388.jpg
"ゾン"は各都市にあります。
ブータンを代表する
とても美しく、象徴的で、感動的な建物です。


# by shimada1217 | 2019-05-19 12:02 | 旅行 | Comments(0)

ブータンへ旅行

報告おくれましたが、
連休は、ブータンという国へ旅行に行ってきました。
とても素晴らしい国でした。
d0297177_08353681.jpg
d0297177_08350386.jpg
d0297177_08365510.jpg
d0297177_08384832.jpg
d0297177_08372379.jpg
きっかけは、伝統的な建築を
今も大切にすることを知ったことです。
そして、国民総幸福量という、経済活動の発展を重視しない、
文化や自然と開発のバランスを大切にする国の考え方に興味を持ったことです。
そこに自分達の将来に何かを感じるのかなと思ったことです。

昔の日本のような牛や馬と伝統的建造物の景色。
自国の伝統や文化を大切にしつつ、
子供でも、英語を流暢に話し、
スマホで情報リサーチ!
そして、とてもおしゃれに着こなす、
伝統衣装。
新旧のバランスが素晴らしかったです。

ブータン最終日、地下のbarで会った、
インドのお坊さん言葉です。
「ブータンは我々の目指すべき
未来のエッセンスがたくさんある。」


ブータン旅行では、常にガイドと、
ドライバーとの旅となります。
日本語ガイドをお願いすることが
できました。
彼らからのヒアリングは、
ガイドブック以上の学びとなりました。
ブータン旅行の最強コンビの
ガイドのキンレイさん、
ドライバーのワンチュクさんには
感謝!

旅行の中で印象的だったことを
紹介したいと思います。
d0297177_08401123.jpg

国民総幸福量(GNH: Gross National Happiness)という独自の概念を提唱している。
経済成長の観点を過度に重視する考え方を見直し,
(ア)経済成長と開発,
(イ)文化遺産の保護と伝統文化の継承・振興,
(ウ)豊かな自然環境の保全と持続可能な利用,
(エ)良き統治の4つを柱として,国民の幸福に資する開発の重要性を唱えている。

外務省ホームページより。


# by shimada1217 | 2019-05-13 08:41 | Comments(1)

上棟式

何度立ち会っても
ドキドキとワクワクの感動があります。
県内て進めている住宅の上棟式が
ありました。
建物の迫力、職人の方々の迫力!
手際よく、時間内で終わらせる
仕事は、さすがでした。
そしてクレーン車のクレーン捌き!
d0297177_23093961.jpg
お施主様家族で立ち会い簡単な
お祝いをしました。
お施主様には、時間の許す限り、
現場に足を運んで頂き、
職人の方々の真剣な工事の姿を
みて頂きたいとお願いしました。

家を大切に使い続けるために、
必要な事だと思います!



# by shimada1217 | 2019-04-23 23:10 | 建築 | Comments(0)

金子兜太展

伝えたいことは、短く言葉をまとめることも
大切です。そんなことを考えていると俳句という
世界にすこしだけ興味がわきました。
いま、熊谷図書館で展示されている
熊谷出身の現代俳句の巨匠の金子兜太展へ行ってきました。
d0297177_21222503.jpg
地元にいると、地元メディアでとりあげられているので、
とても興味をもっていました。

目の前の風景と、金子兜太氏の空想イメージの中を
そのまま言葉にした俳句は難しいです。
が、個の展示では、丁寧な解説もあり、
とてもわかりやすいです。
地元の風景をうたった俳句は、
熊谷の日常生活の特徴的な点をうまく
短い言葉で切り取ったのだなぁと思います。

「定住漂泊」という言葉が印象的でした。
そこに住んでるのだけど、
放浪旅のような気分の日々?
ボヘミアン?

学芸員の大井氏と偶然、お会いすることができ、
忙しい中、紹介していただきました。
ありがとうございました。

桜の終わりかけた熊谷ですが、
選挙戦へむけて賑やかです。
知り合いも多く出馬し、そして選挙を手伝っています。
本当に皆さん頑張ってほしいです!
d0297177_21224907.jpg

# by shimada1217 | 2019-04-15 21:23 | 楽しみ・その他 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

タグ

外部リンク

最新の記事

ブータンの建築〜街中
at 2019-05-19 12:05
ブータンの仏教と生活
at 2019-05-19 12:02
ブータンへ旅行
at 2019-05-13 08:41

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月