旅の目的 ~安藤忠雄さんの作品を見学するために

旅の目的はいろいろありますが、
自分のように建築の設計をしていると
その多くは建築を見学することとなります。

大学に入学してから独立して今に至るまで、多くの建築を見るために
旅行しました。多くの建築家の作品を見学してきましたが、
そのなかで、島田が、群を抜いて多く見学してき建築家は
安藤忠雄氏です。
d0297177_21475391.jpg
写真はアメリカテキサスのフォートワースにある
美術館。テキサスの痛いくらいの日差しを思い出します。

建築学科に入学して、最初に読んだ本は、
安藤忠雄氏の本「建築を語る」。
そして、大学2年から建築設計の製図の授業がはじまります。
その設計製図の授業ははじめ、建築家の住宅作品の
図面のトレース(コピー)からはじめるのですが、
その住宅作品も安藤忠雄氏の住宅でした。
初めて目にした住宅の図面でした。
そして、その後の設計製図の課題では、数多くの安藤忠雄氏の
作品を真似ては講師にダメ出しをくいらい。。。
といった感じです。
2000年から、建築をいろいろ見学しだして、
17年、自分もおびただしい数の建築をみてきましたが、
未だに、当時と変わらず、作品に魅力を
感じさせてくれる建築家は安藤忠雄氏のみです。

そんな安藤忠雄氏の展覧会が、国立新美術館で
開催されいるので、行ってきました。
夕方であるのにもかかわらず、
多くの人で混んでいました。
周囲の人の会話や服装から、建築関係で無いひとがたくさん
いるようです。
内容どうこうより、
これだけ多くの人が建築に興味をもっていただけることは
とてもうれしい気分でした。

おすすめは、500円のガイドです。
建築の強さとは正反対のやさしい、
エピソードがたくさん聞けます。


by shimada1217 | 2017-11-06 21:54 | 建築 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

タグ

外部リンク

最新の記事

皆野町にて小さな上映会
at 2018-12-17 08:25
建ぺい率
at 2018-12-17 08:21
インテリアに合わせて急須を買う
at 2018-12-09 23:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月