熊谷宿 調査

機会あって中山道熊谷宿を
調べました。
都市デザインや建築デザインを考える場合、
そういった過去の文脈はとても大切なことです。


d0297177_08284909.jpg
江戸時代(1820年ころ)の資料では、
宿泊所、うどん屋、たばこ屋、薬屋、
お茶漬屋、、、、等が立ち並んでいました。
明治の終盤の頃の熊谷宿の資料では
店舗の多さが印象的!
現在でも営業を続けている店もわかります。
梅林堂、八木橋、、、、も記載があります。
昭和の戦争前の熊谷の街は、
まるで壮大なショッピングモールのように
商店がひしめき合っているようです。

資料を時系列にみていくと、
そこには、昔からの熊谷の変わらない共通項を
資料から把握することができました。
それは商業の都市しての姿だと思います。
旅人、商人、そして、近隣からくる方々を
受け入れる場所であるということです。
そんなことが再認識できる
とても良い機会でした。

江戸時代、大名の宿泊する本陣が中仙道沿いにありました。
江戸時代が終わり、30数年後の明治時代
その跡地はその立派な建物も残さず、
小さな商店が乱立している様子がわかりました。
そんな商売の盛んな街の姿も読み取れました。

図書館は今、耐震工事中でいろいろ大変な中、
わがままいって対応していただきました、
学芸員のOさん、本当にありがとうござました!


by shimada1217 | 2018-01-16 08:30 | 建築 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

皆野町にて小さな上映会
at 2018-12-17 08:25
建ぺい率
at 2018-12-17 08:21
インテリアに合わせて急須を買う
at 2018-12-09 23:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月