装飾の壁紙デザイン

ウィリアムモリスの展覧会に行ってきました。
d0297177_08411511.jpg
最終日。
ウィリアム・モリスとは草木の装飾的なデザインの壁紙が
特徴です。イギリスのデザイナーで産業革命による量産される
粗悪な工業製品に異を唱え、工芸の美しいデザインを目指そうとした
デザイナーです。アーツ&クラフト運動と呼ばれています。
19C後半で、同時期には、皆さんご存知のアールヌーボーであったり、
ガウディもおおよそ同時期。

学生時代建築デザインの授業で、勉強しましたので、とても
気になっていました。
しかし、モダンデザインの主流の現在の建築デザインの状況では
そういった装飾的なデザインは比較的、否定的なことが多いです。

とはいえ、モリスの考えにあったように美しい生活空間
を追い求めていくなかでは、装飾的な要素も否定できないと
考えています。展示室、最後のインスタレーションは
とても素敵な空間でした。
d0297177_08413018.jpg
装飾的な空間を上手に利用することで、
美しい空間の可能性はまだまだあると思いました。

群馬の美術館では、同時期に館林美術館で、
モリスとは対比的なモダンデザインの
デンマークのデザインの展覧会。
どちらに行くか迷いましたが、敢えてモリスの方へ。
レベル高き群馬の美術館だとおもいました。

by shimada1217 | 2018-08-27 08:42 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

皆野町にて小さな上映会
at 2018-12-17 08:25
建ぺい率
at 2018-12-17 08:21
インテリアに合わせて急須を買う
at 2018-12-09 23:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月