カテゴリ:建築( 195 )

コリアンダイニング

市内で進めているコリアンダイニング
の工事。
強面の現場の方々により
進められており当初は慣れませんでした(笑)
そんな時は、
元気よく挨拶して現場に入るようにします。
d0297177_07452097.jpg
とはえ、皆さん、優しくそして丁寧に、
手際よく進めています。
順調な現場に、本当に感謝いたします。
d0297177_07453252.jpg
しちりん専用のダクト
太いですね!
このほかにも厨房の換気や、
客席のエアコン。
室内はほぼ、設備機器であふれています。
d0297177_07455823.jpg
大衆的だけどどこか品のある、
家庭的でおちつく空間。
そんな店舗を目指しています。
10月オープンに向けてあと少しですが、
監理者として最後まで気を抜かずにいたいと
思います。

by shimada1217 | 2018-09-10 07:47 | 建築 | Comments(0)

残暑の中の竣工写真撮影

竣工写真の撮影が行われました。
市内で、進めていました、
リノベーション工事。
引き渡しのあとでしたが、
お施主様のご厚意で、撮影に
お邪魔させていただきました。
d0297177_08222831.jpg
d0297177_08224212.jpg
d0297177_08224585.jpg
d0297177_08224857.jpg
まだまだ残暑の残る中での撮影は、
かなり、ハード。
とはいえ、カメラマンも、その補助をして
いた自分もファインダーの奥の空間に
興奮し、しばし、時間を忘れての
撮影となりました。

築38年。お施主様のご両親により
建てられた建物でした。
今回の工事では、こうして、
古い建物が、新たな息を吹き返し、
代々受け継がれ、
建物が長生きしていきます。
建築設計を生業としている
自分としては、とても嬉しいです。

後日、H Pに掲載します。
改めて紹介させて下さい。

by shimada1217 | 2018-09-03 08:23 | 建築 | Comments(0)

寄居町で進めているリノベーション工事

寄居町で進めています、
住宅のリノベーション。
d0297177_08202994.jpg
d0297177_08203326.jpg
d0297177_08203838.jpg
白い空間の中に木の優しさや暖かさを
感じる空間を目指しています。
そして、アーチ窓や、飾り窓、
スイッチや照明など
少し、アンティークな感じを
お施主様との密な打ち合わせで
目指しました。
もともとは、純和風造り。
若い夫婦の生活に合わせ、
大幅に、間取りを一新。
機能的にかつ、断熱性を上げた計画です。
9月半ばを目指した現場は、
タイトな期間にもかかわらず、
段取りよく進んでいます。

90分の現場会議は汗拭くひまもない、
監督の段取りのよさで、あっと言う間。

竣工がとても楽しみです!

by shimada1217 | 2018-09-03 08:21 | 建築 | Comments(0)

シェアアトリエつなぐば

草加市にあるカフェ&子育ての場&創作の場です。
d0297177_08365004.jpg
d0297177_08370929.jpg
d0297177_08374941.jpg
カフェ、キッズスペース、アトリエやショップなどが
混在した空間が見事なデザインでコーディネートされ、
居心地の良い空間となっています。
廃材をうまく活用された空間はさすがです。

今年の3月のはじめに断熱DIO
(DIYで断熱工事をするセミナー)で
お世話になった場所です。
完成の様子がとても興味深かったこと、
知人がこの店舗のコンセプトに興味があり、
知人と共に、お邪魔させていただきました。

ここの特徴は、
子供と一緒に働けるという場所。
働く人が、空いている時間などに、
子供たちの相手をしたり、もしくは
子供たちの様子を眺めながら、お仕事
をできることです。
そして、ここで働く方々は料理や、ショップ、アトリエの
クリエイティブなアーティスト。
そういった方々の創作の場であります。
あらたな感性をかきたてられます。

昼時は小連れの家族も多く、
とてもにぎやかでした。
とはいえ、クリエイティブな空間は
不思議と居心地がよい「カフェ」でした。

忙しい中、ここの運営をしている、
つなぐば家守舎の小島さんをはじめとする
スタッフの方々には忙しい中いろいろ
案内いただき、ありがとうございました!

by shimada1217 | 2018-08-27 08:38 | 建築 | Comments(0)

エアコンの風が当たらないように

今や、この時期、定番となったエアコン。

その冷たい風が、顔などに直接あたることは、

あまり気持ちよくありません。

それが、風邪をひく原因にも。

そんな経験をされたことある方も

多いと思います。

冷房効率を考えて、

部屋の長手方向に吹くこと、

そして、熱の出入りの多い、

窓際のほうから、吹かせることは基本です。

d0297177_08240758.jpg

加えて、直接、顔などにら当たらないように、

エアコンの位置を考えていきます。

そのために、あらかじめ、設計段階で、

部屋のレイアウトを考えておくようにします。

ベッドの配置、ソファーの配置、

ダイニングテーブルの配置。

人が、どこに滞在するのかを考えた、

エアコンの配置計画を

大切にするようにします。


by shimada1217 | 2018-08-07 08:24 | 建築 | Comments(0)

縁卓

南浦和の駅に近い住宅街の中に残った古民家。
その脇にある納屋を改修したお店です。
そこに看板はありません。
外気温は34,5度でしょうか。
そして真夏のなかエアコンの無いお店。
気持ちの良い風通しと、
そこから眺める素敵なお庭を
眺めることが涼となります。
d0297177_08580037.jpg
d0297177_08580400.jpg
扇風機にあたりながら、じんわりと
汗をかいてカレーを食べる。
昔の夏らしい、とても健康的な雰囲気です。

オーナーとしばし、建築や、食文化とか、
その他いろいろ歓談させて
いただきました。
お店しつらえ、そのものがオーナーの
社会やお店に対する考え方
そのものだと思いまいした。

ランチタイムの1時間少しでしたが、
とても貴重な体験、勉強をさせて
いただきました。

デザートは、かき氷。
とてもおいしかったです。
味そのものもよいですし、
おいしくはその周囲の環境にもよるのだと
思います。

休みの日はあらかじめ
fecebookやもしくは電話などで問い合わせると
よいようです。





by shimada1217 | 2018-07-30 08:59 | 建築 | Comments(0)

風の流れる現場

市内の改修工事。暑い熊谷です。
空調のない現場は基本、外気温と同じ
なのですが、しっかりとした断熱と
風通しも考慮した窓の配置による風の
流れは昼間の2時にもかかわらず、
比較的快適でした。
d0297177_08243374.jpg
とはいえ、職人の方々は多少の汗をかきながら平然と
そして真剣に作業されていました。
緊張感すら感じました。
ラストスパートです!
d0297177_08243676.jpg
先日、地鎮祭を終えた吉見町の家。
無事に上棟。
きれいなプロポーションのボリュームです。
必要な天井高さを確保しつつ、
天井懐をギリギリで設計。
全体の高さを押さえた外観計画としました。
高さを抑えることのもう一つのメリットは
外壁の面積が小さくなることで、
施工面積が小さくなり、
コストダウンにもつながるとても大きな
メリットがあります。

これから、大工さんの賑やかな下地工事が
続きます。
本当に、暑さにきおつけて頑張っていただきたいです。


by shimada1217 | 2018-07-23 08:25 | 建築 | Comments(0)

3畳一間の茶室

3畳一間というか厳密には、
2畳と1畳が襖で分けられているので、
さらに小さな空間です。
そんな茶室の体験。
d0297177_08020860.jpg
高さも1.8m程度。頭があたるかギリギリ。
でもそこには決して狭いとは
感じない、むしろ居心地のよい
囲われた空間を感じました。
天井高さとの広さのバランス、
茶室特有の躙口の小ささにより、
通常の部屋の間隔がなくなっていくのかと
思います。
d0297177_08021677.jpg
すぐに思ったことは、
仲間などと、一緒にお酒を飲めたら
どれだけいごこちがよいのかな〜。
二畳の部屋だけに、隣の人との
距離感もとても密接。
すぐに親しくなれるような
関係性をつくる空間です。

茶室は、現在森美術館で開催されている、
建築の日本展の展示で、
会場に再現された、日本最古の茶室であり、
国宝になっている「待庵」です。
千利休の作と伝えられています。
信長や秀吉に仕えた千利休の空間の
考え方に触れられることは勉強になります。


一度前から、訪れてみたかった
だけに、とても貴重な体験でした。
本物は京都の山崎にあります。
確か、サントリーのウィスキー工場の
へ向かう駅のすぐそば
あるのですが、予約などが
必要なようです。

展覧会は、建築のプロでも
建築を通しで復習できる意味で、
十分有意義な時間を過ごせました。


by shimada1217 | 2018-07-09 08:02 | 建築 | Comments(0)

デパートから市役所へ

歴史的な建物を大切にしている

栃木市。もう一つ、紹介したい建物がありました。

栃木市役所です。

d0297177_08102148.jpg

廃業したデパートを市役所にしています。

1階には食品や衣料の売り場を残し、

2階から市役所となっています。

市役所には、仕事の協議や各種証明書の発行で、

真剣なシーンが多いことでしょう。

そんな緊張感を持って市役所にはいると、

そこは、おじさんのシャツのセール売り場。

そんな脇を通り、エスカレーターで、

二階から市役所。

緊張のほぐれる、市役所です。

d0297177_08102815.jpg

防災時の安全性や来賓のための計画の問題。

そのほか、たくさんの計画上の諸問題を解決する

難しさのお話しを担当の職員から

伺うことができました。


とは、いえ、新築の1/3のコストで

成し遂げた計画は素晴らしいと思いました。

d0297177_08103544.jpg

市役所という市民の象徴の側面もあります。

栃木の建物の古いを残しそれを

生かすという建物を大切する

大切なメッセージを感じました。


by shimada1217 | 2018-06-25 08:11 | 建築 | Comments(0)

地鎮祭

県内の吉見町にて設計を計画していました、
住宅がようやく着工となりました。

d0297177_08435619.jpg
シンプルな構成の中には、
お施主様のこだわりと
お施主様の雰囲気にあわせた
デザインが
随所にちりばめられています。
去年の秋からもう、8か月!

地鎮祭では、参加者は、
お施主様に「おめでとうございます」
と挨拶しあいます。

着工までにいたる中では
夢をかなえる楽しさと同時に、
現実としっかり向き合って、
一つ一つ解決していかなければなりません。
それらが、全て、皆さんの努力により解決し、
ようやくこのような日を迎える
ことができたのかと思います。

そういった意味での
「おめでとうございます」
とも解釈しています。


by shimada1217 | 2018-06-04 08:45 | 建築 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

熊谷圏オーガニックフェス ..
at 2018-09-18 23:41
北陸へ建築見学
at 2018-09-18 23:39
コリアンダイニング
at 2018-09-10 07:47

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月