カテゴリ:建築( 251 )

非日常を感じる黒い空間

飯能にあるアラビア料理やビールが特徴的な
レストラン<CARVAAN(カールバーン)>
に行きました。
建築専門誌、「商店建築」にて
とても印象的だったので、
一度、訪れてみたいと思っていました。

高級感も感じつつ非日常感的な
雰囲気が印象的でした。
非日常を感じる黒い空間_d0297177_06300428.jpg
非日常を感じる黒い空間_d0297177_06301614.jpg
黒の空間は左官壁やタイル壁の素材感を
感じたり、周囲に広がる緑の景色もうまく取り入れ、
落ち着きの有る感じでした。
空間だけでなく、
照明や各種家具、飾り物や、食器にもこだわりがありました。
文明開化の洋館やアラビア建築の折衷と伺いました。
スタッフの方にはいろいろ案内していただき、
大変お世話になりました。
非日常を感じる黒い空間_d0297177_06304127.jpg
非日常を感じる黒い空間_d0297177_06304127.jpg
非日常を感じる黒い空間_d0297177_06303916.jpg

そのあと、飯能市内にあるパン屋さんへ。
「英国屋」へ寄らせていただきました。
飯能商工会議所青年部で大変お世話になった
鶴澤さんのお店です。地元に愛されているパンやさんです。
異国情緒のあとの、昔ながらの美味しいパン
はとても日本人として、ホッとします。
非日常を感じる黒い空間_d0297177_06312867.jpg
飯能市は都内の近場でありながら、
ムーミンパークに代表されるように
森も多くとても落ち着く場所でした。
緑や山、川も多かったです。
一つ埼玉の魅力が増えました。


by shimada1217 | 2020-08-05 06:32 | 建築 | Comments(0)

アジアのリゾート家具

インドネシアで作られた、
リゾート家具のお店にいきました。
群馬県の邑楽町にあります。
籐で編まれた家具や、
マンゴー材いった珍しい
南の島特有の木材て作られた家具が
たくさんありました。
アジアのリゾート家具_d0297177_08415065.jpg
アジアのリゾート家具_d0297177_08415915.jpg
アジアのリゾート家具_d0297177_08421084.jpg
アジアのリゾート家具_d0297177_08421201.jpg
リゾートで使用されている家具だけあって、
どれも、座り心地や色合い、デザインも
よかったです。一つのテーマで集められたこれだけたくさん家具屋さんは
とても珍しいですし、とても魅力的でした。
TVCMもしているようで、ご存知の方もいるかもしれませんね。
南の島のリゾートに来た気分になりました。
興味ある方はぜひ。



by shimada1217 | 2020-07-28 08:42 | 建築 | Comments(0)

ルンバと生協ボックス

その時々で、住まいのよくきく
要望は徐々に変化します。
それらに対応していくことが大切です。
ルンバと生協ボックス_d0297177_22063122.jpg
少し前までは宅配ボックス。
そして、最近、よく伺う要望は、
ルンバと生協ボックス。

ルンバには居場所が大切です。
掃除をするエリアでかつ、
あまり目立たない場所。
その居場所には電源が必要です。
リビングなどに面した、
収納の下部を想定するケースが多いです。

次に生協ボックス。
玄関に置かれる方が多いです。
ルンバと生協ボックス_d0297177_22063301.jpg
全体のプランを考え、
玄関は広くとれないなかでの検討は難しいです。
高さ方向にも寸法を必要とします。
玄関は、靴類だけでなく、
ベビーカーや運動用品、コートや傘も収納します。
年配の方がいる住まいには、手すりやベンチも欲しいです。
それでいて、
玄関はその家の「顔」だったりもします。

そのため、ある程度収納していくものを
想定し、毎日の生活で必要なものを
そこに収納していく。
細かく生活を見ていくことで、
そこにあるべきものや、実はそうでなくてもよいものあったり。
そうやって収納すべきものを
見つめなおすことで
生協ボックスもなんとか置けるようになるか。。。


by shimada1217 | 2020-06-22 22:08 | 建築 | Comments(0)

鉄筋コンクリート造の住宅の現場

市内で進めている鉄筋コンクリート造の住宅の
現場です。
現場の手際のよい段取りでようやく
屋上の屋根までコンクリートの工事が進みました。
屋上では、熊谷の大都会?な景色が一望できました。
この時期はまだとてもよい風が流れます。
鉄筋コンクリート造の住宅の現場_d0297177_22534616.jpg
鉄筋コンクリート造の住宅の現場_d0297177_22534919.jpg
コンクリートを流し込んで、
一定期間が経つと固まってくるので、
型枠を外していきます。

内部のコンクリートの型枠も一部外れてきました。
コンクリートは型枠の素材感をそのまま
表現することができます。
ツルっとした型枠を使えば、ツルっとした
壁になり、
杉板の木目の型枠を使えば、
杉板の柄の入った壁になります。
鉄筋コンクリート造の住宅の現場_d0297177_22535108.jpg
今回の計画では、
建築の素材や色が一つのテーマで
お施主様と
一緒になって悩み、楽しみながら
進めています。
コンクリートの壁も
杉の柄を入れて、表情を
楽しめる仕上げとしています。

奥のボルトは階段を固定するボルトです。
これもこ一つの見せ場となります。

ボリュームがあります。
各種検査や現場との打ち合わせ、
施工図のチェックが続きますが、
竣工へむけて現場と一丸となって頑張ります。

by shimada1217 | 2020-06-16 22:54 | 建築 | Comments(0)

気持ちの良いオフィス

お施主様のスタッフを思いを
最大限に空間へ生かして
デザインさせていただきました。
気持ちの良いオフィス_d0297177_21295085.jpg

自然のやさしい光で
仕事ができるオフィススペース、
外の景色を眺めながら、
ゆったとりた時間をすごせる
休憩室。
気持ちの良いオフィス_d0297177_21291249.jpg

従来のオフィスっぽさをなくす
たくさんの工夫をしているのですが、
一つは、コピー機などの
雑多になりがちなオフィス機器を
隠すための1.2mの壁です。
木の壁としてより雰囲気を際立つように
しています。

女性の多いオフィスですので、
夏の暑さ、冬の寒さには
とくに配慮をしました。

家での仕事も大切ですし、
オフィスでの仕事も
どちらもきもちよく仕事できたらと
思います。

撮影時、ものを片付けることなく、そのまま
きれいに撮影できました。
「普段もこのような感じですよ」と。
とてもうれしい一言をいただきました。


by shimada1217 | 2020-06-02 21:30 | 建築 | Comments(0)

建築現場は完成へ向けて着々と

建築現場は完成へ向けて着々と動いています!
現場の方々には本当に感謝です。
建築現場は完成へ向けて着々と_d0297177_22105856.jpg
風の気持ちのよい現場は、
熊谷あたりでは今くらいまでか、、。

写真は
市内郊外に施工中の木造の現場です。

木の骨組みあとは、柱の骨組みの間に
断熱材を入れ込んでいきます。
壁の厚みいっぱいに断熱材を入れていきます。
家を断熱材で包みこむイメージです。
省エネの住宅
→光熱費のかからない住宅
→保温性のよい住宅です。
ちょっとした隙間にももれのないように充填していきます。
そこが命取りです。
施工する工務店のとそれを確認する我々にとって
とても大切な工程です。
竣工後は、隠れてしまいます。
隠ぺいされてしまう部分ほど、丁寧な
施工が大切です。
建築現場は完成へ向けて着々と_d0297177_22110051.jpg
敷地にゆとりがあり、
軒を1.2mとしっかり出しています。
庇により夏場の日射を遮り、冬場の光をなるべく奥まで取り込む
機能面のほかに、
意匠的にもゆったりとした雰囲気を大切にしています。


このような中、細心の注意の感染対策をとりながらも、
予定の工期にあわせながら、
各種職種の段取り良い手配!
施工をしていただいてる村田工務店の
監督をはじめとする、現場の職人の方々には感謝です!

コロナの影響で住宅設備機器の納期の遅れが心配されていましたが、
ユニットバスも納品されました。
徐々に建築を取り巻く状況ももとにもどりつつあるようです。

by shimada1217 | 2020-05-18 22:12 | 建築 | Comments(0)

充実したステイホームできる家へ

お施主様とのお話のなかで、
普段は休日も家にいることがあまりありません。
近くへ買い物や、ちょっとした旅行に気分転換に
出かけています。と。
このゴールデンウィークはそういった中で、
家にいなければならず、物足りない感じが
したようです。

そこで、家に対する希望は、
ステイホームでも楽しめるような
住まい!
といった感じでしょうか。

ステイホーム、家にいても
家族で楽しめるし、
一方で家族を気にせず一人でゆっくり休めるし、、、。
家に求める要求がさらに多様化してくる
のでしょう。
WEB会議やリモートワークを考慮し、プライベートな
空間も要求されてくるかもしれません。
家庭菜園に、そこに面したテラス、、、、

このステイホームの期間で体験した
ことをもとに、
少し、家の計画の考え方も
変わるかもしれませんね。
充実したステイホームできる家へ_d0297177_08235755.jpg

今後このようなことが無ければよいのですが、
これをきっかけに、
さらに皆さまが住まいに対して、
要望がたくさんに、そして多様化してくるのでしょう。
我々の腕の見せ所ですね!

道路の車通りは徐々に増してきたような気がします。
一方で、まだまだ感染者はいるわけで。
なかなか気の許せない状況という認識です。

外出時はマスクはようやく習慣化したし、
一方で、頻度の多い手洗いに手荒れがひどく
少し困ってます、、、汗)

by shimada1217 | 2020-05-12 08:24 | 建築 | Comments(0)

鉄筋の現場

建築の現場は、一部、中国製の部品を使った
水回り製品の納期に遅れがあり、
影響があるところもありますが、
一部を除いて順調に進んでいます。

写真の現場は鉄筋コンクリート造の住宅の
現場です。
建物の大切な骨組みとなる部分を構造設計という
骨組み専門の設計にお願いし、その検査が
行われました。
鉄筋の太さや、間隔、接手部分など
多くの部分をチェックしていきます。
 鉄筋の現場_d0297177_21215577.jpg
無事に検査終了。

職人様の中には、
屋外の現場でもマスク着用の方もいらっしゃいました。

埼玉では緊急事態宣言が出るようですが、
屋外においても、緊張感をもって
お互いに配慮しながら
現場も滞りなく無事に進むことを
願うばかりです。
 鉄筋の現場_d0297177_21220617.jpg




by shimada1217 | 2020-04-06 21:22 | 建築 | Comments(0)

オフィスの改修

年末から進めていたオフィスの改修工事。
いよいよ大詰めです。
4月初めの引っ越しへ向けて
現場は大忙しながらも、
現場監督の段取りのよい音頭で、
丁寧な工事でとても、順調に進んでいます。
クロス工事や、塗装工事の最終段階。
です。

女性の多いオフィスは、
お施主様の要望にあわせて、
白く柔らかい空間を大切にしています。
オフィスの改修_d0297177_23083472.jpg
オフィスの特徴は各デスクに合わせた窓が並ぶ空間です。
仕事をしながら、窓の外の雰囲気も
眺められます。
窓の近くは夏の日射による熱気や
冬のコールドドラフト(冷気)
など、実は心地の悪いところ。

ただ、そういったことを考慮し、
ペアガスは当然としてさらに、
ハニカムロールスクリーンという、
空気層があるスクリーンを採用して
しっかり断熱するようにします。
これは、シングルガラスの古い建物の
リノベーションにも
断熱性能を高めるために
積極的に採用をおすすめしたいです。


窓際の居心地をよくし、
快適な居場所、快適なオフィスとなればと考えています。
完成がとても楽しみです。


by shimada1217 | 2020-03-23 23:10 | 建築 | Comments(0)

ネコ

ネコと住う家、勉強中です。
お施主様からネコと一緒に住まう要望を
いただきました。
ネコ_d0297177_22500185.jpg
ネコは人間を思いやることができないので、
共生するためには、
こちら人間からの配慮が大切になってきます。

高いところは、低いところよりも、その場の
上下関係で優位で、かつ見張り台にとなり
落ち着きやすいそうです。
また、窓辺はあたたかな日があたったり、
外の様子の観察を楽しめ
とても居心地がよいとのこと。
そんなことを考慮しながら、
ネコの居場所をつくってあげるようにします。
とてもきれい好きなため、食事と排泄の場所は
分けて想定しなければなりません。
ネコにとってちょうどよい寸法のステップや
汚されても大丈夫な素材、、、
工夫すべきところはたくさんです 汗)

そういった設計上の工夫を知る上で、
ネコの習性を少しずつ、勉強できます。
ネコ_d0297177_22500555.jpg
写真は、近所で見かける窓辺のネコ。
外に興味深そうにしていますが、
外敵や、病気などを考慮し、
家で飼うネコは決して敷地から出しては
いけないようです。


勉強内容は盛りだくさんで、
少しずつ、ネコとコミュニケーション
をとれるような気もしてきます。

by shimada1217 | 2020-03-16 22:50 | 建築 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

非日常を感じる黒い空間
at 2020-08-05 06:32
アジアのリゾート家具
at 2020-07-28 08:42
高崎のミニシアター・モダニズ..
at 2020-07-21 07:54

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月