カテゴリ:建築( 181 )

素材の味を生かします

料理の世界ではもちろん、
もしくは教育の世界でも
よく聞く言葉でしょう。
そして、建築の設計でも
大切にしている言葉です。
新築やリノベーションにおいても
その場所の魅力は何なのか。
景色や、日当たり、風の流れ、街並み、、、

先日訪問させていただきました、
お客様の敷地で出会った、景色です。
熊谷らしい景色に心を打たれました。
d0297177_19311859.jpg

お施主様の要望を単に反映させたプラン
(これだけでも結構大変なのですが、、、)
に加えて、さらにその場所の魅力を生かし、
その敷地やその建物だからこ
可能な魅力的な計画を
提案します。

住まいの悪いところを治すだけでなく、
さらによりよい、魅力的なものにしていく、
そういった意味で この仕事を大変だけど、
誇りをもてる仕事だと思っています。


by shimada1217 | 2018-04-16 19:31 | 建築 | Comments(0)

夫婦でキッチンについて話し合う

キッチン、風呂、洗面の機器選定を
ショールームにて行いました。
d0297177_19451563.jpg
最近は、男性もキッチンに立たれる方も多く、
積極的に意見を発言するケースが本当に多いです!
たくさんのアイテムを前にしての
夫婦でのディスカッションはとても
有意義だと思います。
共働き夫婦が増え、積極的に家事分担を
していることだと思いますし、
男性は大胆に動ける機能性を求める
傾向がありますね!
また、男性も一人暮らし経験者が増え、
家事をするということが抵抗なく、
当たり前なのだなと思います。
自分もそのうちの一人です。

男子厨房に入るべからずといった言葉は、
もう過去の言葉におもいました。

d0297177_19453435.jpg
写真は、偶然見つけた、
うどん打ちセットがはいる仕様。
うどんをうつ大きなボールとか
麺棒までぴったりサイズ!

うどんの街熊谷ならでは?

by shimada1217 | 2018-03-26 19:46 | 建築 | Comments(0)

シンクロ

いよいよ始まる、住宅の改修工事。
最終打ち合わせにて、仕上げの選定が
行われました。
ウォールナットのフローリングがとても気に入られていたので、
その濃い目の色を基調に、部屋全体、外観全体の色のバランスをみて
一つ一つの材料を決めていきます。
d0297177_20084339.jpg
写真のように一度全ての仕上げを並べ、色合いや素材感の
全体の色のバランスを考えることはとても大切です。

偶然なのか、とてもうれしいことがおきました。
お施主様の気に入りのタイルがあり、その写真を見せて
いただきました。
なんと、そのタイルは島田がお施主様に提示しようとしていたタイル
でサンプルが手元にあったことです!
そのシンクロ感はお互いとてもうれしかったです。
とはいえ、
いよいよ着工します。改修案件なので、解体後の
対応など気は抜けられません!


by shimada1217 | 2018-03-13 20:11 | 建築 | Comments(0)

柱のキズ

最近、改修案件などで、
日本の伝統的な住まいを見せていただくことが
多いです。
d0297177_20064136.jpg
たまたま発見しました、柱のキズ。
童謡「背くらべ」の歌詞の世界です。

思わず口ずさみながらの内部見学。

キッチン回りでした。無数にある、画鋲のあとも、
生活感を感じます。
こういったストーリーがわかる建物は
なんか温かみを感じ、よいです。

by shimada1217 | 2018-03-13 20:07 | 建築 | Comments(0)

断熱リノベ-ションセミナー

草加にて「つなぐ場家守舎」さん主催による
体験型、現場型の断熱セミナーに
参加させていただきました。
「つなぐ場家守舎」

自分を含めて参加者は、公務員や飲食店の
方々で建築現場は、素人だけど、
断熱リノベに興味のある方々。
d0297177_01233625.jpg
d0297177_01235591.jpg
大工さんから、
ノコギリの使い方からはじまり、
インパクトの使い方、
寸法の測り方など、現場の作法は、
はじめでとてめ新鮮でした。
真剣なまなざしの大工さんが
ここでは素敵な笑顔でいろいろ教えて
いただける姿はとてもありがたかったです。

さて断熱リノベですが、基本的には、
内張断熱となります。内側に
断熱材を入れ込んでいきます。

断熱性能を高めるためには、
窓部分がとても重要になるのですが、
窓部分は内窓をDIY。
木枠にポリカーボネート板をはめ込み
作成します。
難易度は高いですが、断熱建具を自分達で作る
ことは、とても驚きましたでした!
そしてなんとかできるもんですね。
d0297177_01241650.jpg
昼食や休憩などのサービスがとても
素晴らしく、充実した一日がすごせました。
何より、そこで知り合った沢山の人たちとの
縁に本当に感謝です。

一日、現場作業。
慣れてませんね汗。疲労困憊。
d0297177_01261225.jpg
d0297177_01243427.jpg
ランチのオリジナルカレー!!
本日一番の楽しみでしたということは、なかなか、
大きい声では言えませんでした。


by shimada1217 | 2018-03-06 01:35 | 建築 | Comments(0)

みんなの森 ぎふメディアコスモス

d0297177_22402327.jpg

前から1度見学しておきたかった、建築です。

建築家伊東豊雄氏による設計の建物。

d0297177_22414172.jpg
d0297177_22403474.jpg

図書館といえば、背丈を超える書棚で囲われ、

窮屈さを感じつくらいが従来の図書館であるのですが、

この図書館は、図書館であるのに、

書棚が、低いことが計画の特徴です。


高さが146cmは、大人の肩ぐらい。

とても見通しがよいです。

各所にある大きな自然光を利用したトップライトの効果で、

開放的で明るいです。

天井も地元の木材が利用されており、柔らかな印象です。


タイトルどおり、明るめな森、

広葉樹の森の雰囲気です。

だれでも気軽に、

本をはじめとするあらゆる情報に

触れ合える場所なのだと思います。



そこにかける設計者の情熱に

圧倒されます!


今回は、商工会議所の大会で岐阜市に

お邪魔させて頂きました!

メンバーの活躍や、そのほかたくさんの

学びや交流があり、

とても充実した一日でした。


by shimada1217 | 2018-02-20 22:45 | 建築 | Comments(0)

名もなき家事

先日の毎日新聞の記事。

以下、

「名もなき家事」とは、
「炊事」「洗濯」「掃除」とは違って、
はっきりとした名前がつかない家事労働のことです。
たとえば「食べ残しを冷蔵庫にしまう」「ごみ袋をセットする」
「トイレットペーパーを補充する」などの家事です。

以上
d0297177_08485651.jpg

住まいの設計でもそういった細かな配慮をした上での
設計がとても大切なように思います。
掃除ひとつとっても、掃除機 の充電、フィルターの購入と交換、
掃除機の片付け、ごみ袋の購入やその準備、
ごみをベランダに運んで、、、、、。

そいういった一つ一つの行動を考えながら、
収納計画や、物を掛けたり置いたりする場所を
細かく提案することと、
そして、それらに「余裕」を
持たせることが大切だと考えています。

家事は夫婦での協力も大切ですが、
自分の設計で、少しでも家事が楽に、楽しくなれば
もっと豊かな生活ができると考えています。

by shimada1217 | 2018-02-06 08:50 | 建築 | Comments(0)

実施設計図作成中。。。

大雪の今日。
予定が二つあったのですが、どちらも延期。
とても残念なのですが、仕方ありません。
朝早い段階での連絡の英断には感謝です!

たまっていた作業を一気に片づけ。
d0297177_21270527.jpg
写真は現在進行の物件の実施設計の図面の作成中。

設計には基本設計と実施設計の二段階にわかれて
行われます。

基本設計は、大まかな間取など。
実施設計はもう少し踏み込んだ、
建具や、収納、仕上げなど細かなことを考えていきます。
どちらかというと、現場へ施工するためのプロ向けの図面を
作成します。
使い勝手や見え方だけでなく、
どう施工するのかなどを考えます。

たとえば、家具の下の物を置くスペース。
施主様がお掃除ルンバを使う場合そのスペースは、
掃除できるのだろうか。ならば、そのスペースを
埋めてしまおうか。では施工者はどうやって
何で施工するのがベターか。
などなど、常に自分の頭の中は、フル回転させてます。

設計図の一つ一つの線で構成されていますが、
その一本一本には意味がありとても大切です。

20代のころ師匠からなんども教わったことです。

濃密な時間が、あった時いう間にすぎていきます。


by shimada1217 | 2018-01-22 21:30 | 建築 | Comments(0)

熊谷宿 調査

機会あって中山道熊谷宿を
調べました。
都市デザインや建築デザインを考える場合、
そういった過去の文脈はとても大切なことです。


d0297177_08284909.jpg
江戸時代(1820年ころ)の資料では、
宿泊所、うどん屋、たばこ屋、薬屋、
お茶漬屋、、、、等が立ち並んでいました。
明治の終盤の頃の熊谷宿の資料では
店舗の多さが印象的!
現在でも営業を続けている店もわかります。
梅林堂、八木橋、、、、も記載があります。
昭和の戦争前の熊谷の街は、
まるで壮大なショッピングモールのように
商店がひしめき合っているようです。

資料を時系列にみていくと、
そこには、昔からの熊谷の変わらない共通項を
資料から把握することができました。
それは商業の都市しての姿だと思います。
旅人、商人、そして、近隣からくる方々を
受け入れる場所であるということです。
そんなことが再認識できる
とても良い機会でした。

江戸時代、大名の宿泊する本陣が中仙道沿いにありました。
江戸時代が終わり、30数年後の明治時代
その跡地はその立派な建物も残さず、
小さな商店が乱立している様子がわかりました。
そんな商売の盛んな街の姿も読み取れました。

図書館は今、耐震工事中でいろいろ大変な中、
わがままいって対応していただきました、
学芸員のOさん、本当にありがとうござました!


by shimada1217 | 2018-01-16 08:30 | 建築 | Comments(0)

保育園の工事現場

小規模保育の現場が来年の4月開園に向けて、
着々と進んでいます。
d0297177_22475154.jpg

車中、オーナーの方に保育園の保育士不足の現状
や、保育士確保のための
各行政の対応をうかがったりします。
計画地の東京近郊では、保育士不足。
賃金をあげたり、住まいの補助を支給したりと
あの手この手で、保育士確保の動きがあります。
その待遇には正直、うらやましい!
と思っています。

一方では、保母さんの方にもお話しをうかがう別の機会があり、
その大変さの現状も痛感しました。
自分も、たまにプライベートで幼児と遊んだりすることも
ありますが、その活発な動きの幼児の面倒をみる、
大変さはよくわかります。
ましては、大切な幼い命を預かるという仕事。

保育園の経営者や保育士さんの双方のお話しを聞くにあたって、
今の方向は良い方向であると思います。

この流れが、一時的なものでなく、今後も続く、サスティナブル、
持続可能な方向であることを願うばかりです。

by shimada1217 | 2017-12-25 22:48 | 建築 | Comments(0)


日々の出来事・日々考えたことを綴っています。


by 島田義信

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

観葉植物は、器も大切
at 2018-04-16 19:38
素材の味を生かします
at 2018-04-16 19:31
初顔あわせ
at 2018-04-10 08:15

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月