カテゴリ:旅行( 39 )

外国人観光客で溢れる白馬の街

久しぶりの白馬へ。
そこで見かけたのはたくさんの外国人観光客。
オーストラリア人を中心とした
観光客で賑わっていました。
d0297177_19415815.jpg
食事に店に入ると「ハーイ!」と!
店はいつのまにか、海外の人で溢れ、
まるでここは異国の地。
プリップリの女性が
テンション高めの雑な接待してくれる雰囲気です。
ゲレンデの食事はラーメンとカレー
だけでなく、ステーキに、ピザに、タコスに
海鮮丼に、、なんでもあり。

白馬の街は、店のスタッフだけでなく
ホテルのスタッフやゲレンデのスタッフも
海外の方々がとても多かったです。

今、国全体で、外国人観光客の受け入れを
行っていますが、
白馬では外国人は観光客でなはく、
別荘として生活している、そして、
仕事もしている、外国人に根付いた街の姿
垣間見ることができました。

経済的なメリットもある一方で、
夜の騒がしさなどの
近隣住民との問題もあるようです。


少しよった善光寺の参道で、
偶然見つけた、
彫刻家 藪内佐斗司氏の彫刻!
とても好きなのでうれしかったです。
d0297177_19441975.jpg

by shimada1217 | 2018-03-26 19:44 | 旅行 | Comments(0)

Umbrella Sky Project 

d0297177_08533994.jpg
ハルニレテラスという軽井沢にある
小さなショッピング街で
たまたまみかけた、
ちょっとした空間芸術です。
6月っぽいです。

ただのビニール傘をカラフルに
吊って並べるだけのことですが、
とても楽しく、美しい空間となっています。
傘の色あいもキレイですし、
床の色あいもカラフルでとても美しいです。
光の透過具合や色の配列には
そうとうシュミレーションしたような
気もします。
d0297177_08535989.jpg

既存の空間をちょっとした仕掛けで
一変させてしまうとても面白い企画に
思いました。

この風景どこかでみたような。
検索してみたら、
ポルトガルのアゲダという街で行われる
傘祭り“Umbrella Sky Project”
でした。

“Umbrella Sky Project”
で検索してみてください。

by shimada1217 | 2017-06-12 08:54 | 旅行 | Comments(0)

おのみちのうらみち

尾道。
古くから港町で栄えた街並みは、
空襲を受けず、いまでもその佇まいを
残しています。それをうまく、リノベしている
街並が特徴です。
d0297177_22512568.jpg
東京のオシャレ店以上の
感性を感じる店が多くあったのが驚きでした。
特にサイクリスト向けの複合施設、「U2」は、
ハイセンスです。

尾道の坂道の裏道では空き家が多くみられました。
斜面地の旧市街では、
新築はほとんど見られません。
道が細く、いろいろと不便なのでしょう。

そうした空き家を積極的に活用しようとしている
NPOがあります。
尾道空き家再生プロジェクト。


「見晴らし邸」という旧別荘を
再生したプロジェクトの物件も拝見しました。
d0297177_22510947.jpg
とても、濃厚な魅力のつまった
プロジェクトです!

by shimada1217 | 2017-05-07 22:53 | 旅行 | Comments(0)

越生の世界無名戦士の墓

梅林で有名な越生町ですが、
そこに、世界無名戦士の墓があるというので
立ち寄ってみました。
d0297177_08505588.jpg
その空間性がとてもよかったので、
紹介してみました。

先の戦争で受け取り手のいない兵士の遺骨が納められた
墓そして、慰霊塔です。
昭和30年に寄付金建設されたようです。

設計は当時の埼玉県の技師。
山の頂上にあります。
d0297177_08510330.jpg
塔やお墓であり、祈る場でありながら、

そこでは、東京方面や関東平野の景色を
一望できます。
ただ、
360度のパノラマがあるのですが、
あえて、秩父や富士山の山並みは
屏風の建物でカットしています。

そこに設計者の意図を感じます。
どういった意味でそこの場所を設計したのか。

そして
祈りをささげたあとの、帰りの空間もよかったです。
d0297177_08510947.jpg
その場所の雰囲気が、
昔、旅行で訪れた、
アメリカの建築家、
ルイスカーンの
ソーク生物学研究所に似ていました。
d0297177_08511323.jpg
どちらも、
何かに祈りをささげたくなるような
とても素晴らしい空間です。


by shimada1217 | 2017-03-13 08:53 | 旅行 | Comments(0)

川越祭り

先日、小江戸、川越の川越祭りに
行ってきました。
d0297177_23391645.jpg
地元、熊谷にもこのような
山車のでる大きな祭りがあるのですが、
他の祭りと比較することで、
地元熊谷のの気づかなかった
お祭りの魅力もわかってくると思いました。

特に、熊谷の祭りは
チャンチキチャンチキ、
勇壮な山車の迫力ある鐘の音が
印象的なことに対して、
川越の祭りは、ピーヒョロ、優美に笛の音が
印象的でした。
季節も、熊谷は灼熱の暑さの祭りに対して、
川越は、秋の優しい季節。
背景は、広い道路の現代的な街の熊谷に対して、
狭い道路の昔の街並みの川越。
d0297177_23391803.jpg

どちらも素敵なお祭りです。
体験してみないとわからない魅力が
たくさんあると思いました。


by shimada1217 | 2016-10-24 23:42 | 旅行 | Comments(0)

三峰神社

先日、涼をもとめに三峰神社へ行ってみました。
d0297177_641251.jpg
d0297177_6424621.jpg

拝む場所の先にあるのが、山や岩の景色。
仏さまや、建物に向かって拝むことはあるのですが、
そういった景色に対して拝むことは
とてみ珍しいと思いました。
いろいろなところに神様が宿っているという
日本古来の考えなのでしょうか。


自分は、大学院時代、アプローチ空間の研究を
していました。この三峰神社など、
山にある神社は、必然、地形を利用して
作られ、とても、面白いアプローチ空間を
形成しています。
d0297177_6452025.jpg

向かう先が、みえたり、みえなかったり、
その先への期待を感じる空間ということです。
by shimada1217 | 2016-07-12 06:45 | 旅行 | Comments(0)

群馬県の桐生の街並み

近くを通ったので、寄ってみました。
川越や金沢などの街並みで有名な
重要伝統的建造物保存地区に指定されている
群馬県の桐生の街並みです。

織物街として、栄え、
今でも当時の繁栄した、
街を楽しめます。
d0297177_7515862.jpg


d0297177_752258.jpg


d0297177_7534060.jpg


街道の一番手前にある、
お茶屋さんが、雑談がてら、
いれいろ、街について
教えてくれました。
また、散歩していると、
パンフをくれたり。
皆、親切。

まだ、まだ、観光地化されていない、
古く赴きのある建物と、
日常生活の感じられる、
落ち着き
ある感じがとてもよいです。
一日かけて、
ゆっくり回りたい、街並みです。
by shimada1217 | 2016-06-27 07:55 | 旅行 | Comments(0)

夜の照明のきれいな街

ゴールデンウィークは、
連休みを利用して、なるべく遠くへ行くようにします。

まずは、和倉温泉。
d0297177_22233646.jpg


和倉温泉といえば、おもてなしで有名な加賀屋ですが、
もうひとつ、照明のきれいな街としても魅力があります。

繁華街からすこし外れた、街並みです。
クラシカルな街灯が、路地を照らします。
d0297177_22232126.jpg


ただ、目的もなく、ふらふら
歩いていても、その街の生活がわかったりや、
意外なお店があったりと、散歩が楽しくなります。

d0297177_2223482.jpg


写真は、お寺です。
参道の階段がとてもきれいです。

写真ではわからないのですが、
配線のこまかなディテールに苦労を感じました。
照明デザインに意気込みを感じます。
by shimada1217 | 2016-05-03 22:24 | 旅行 | Comments(0)

川越の街並み

桜はまだでしたが、川越の街を散策しました。

改めて、街並みの面白いことに
気づきました。
d0297177_22445250.jpg

d0297177_22442496.jpg


建物のバランスに対して、
やたらおおきな鬼瓦など、重厚感たっぷりの家
とか、
やたら洋風を気取った装飾的な立面。
その古さから、なんとなくいい雰囲気を醸し出して
いるのですがが。
d0297177_22452049.jpg

d0297177_22453597.jpg


かなり個性的です。

京都の町屋のような洗練された美しさというよりは、
無骨で、力強いかつ、目立ちたがりで装飾的な
町並みは、商家の街並み特有の光景なのだと
思います。
郊外のロードサイドの看板の立ち並んだ、
風景と形は違いますが、
どこかなんとなく商売っ気のある同じ雰囲気を感じます。

そうやって、伝統的な街並みのデザインを
宿場町なのか、城下街なのか、門前町なのか、
港街なのか、武家屋敷のなか、商家なのか。。。
といった視点で
比較してみるとおもしろいなと思いました。
by shimada1217 | 2016-03-28 22:47 | 旅行 | Comments(0)

知らない街角を曲がると、それはもう 旅

永六輔さんの言葉です。以前TVを何気なく見ていたら、
とても印象的な言葉で、記憶に残ってしまいました。
「知らない街角」もちろん旅先でもよいですし、地元の
近所かもしれません。

自分は旅が好きというか、知らないところに行くのがすきです。
身近なところにいくときでも、
迷子にならない範囲で、行きと帰りは、なるべく違う
道を通ります。知らない街角をよく曲がります。

展覧会の駅までの帰り道見つけた、
ケーキ屋の構え。
d0297177_883475.jpg


とてもセンスを感じました。
そして予期せぬ名建築も発見。
d0297177_883918.jpg


遠くへ旅がなかなかできないなか、
ちょっとした近場でも旅感覚を味わえます。

知らない街角を曲がることはおすすめです。
by shimada1217 | 2016-02-22 08:10 | 旅行 | Comments(0)


日々の出来事・日々考えたことを綴っています。


by 島田義信

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

観葉植物は、器も大切
at 2018-04-16 19:38
素材の味を生かします
at 2018-04-16 19:31
初顔あわせ
at 2018-04-10 08:15

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月