カテゴリ:楽しみ・その他( 87 )

金子兜太展

伝えたいことは、短く言葉をまとめることも
大切です。そんなことを考えていると俳句という
世界にすこしだけ興味がわきました。
いま、熊谷図書館で展示されている
熊谷出身の現代俳句の巨匠の金子兜太展へ行ってきました。
d0297177_21222503.jpg
地元にいると、地元メディアでとりあげられているので、
とても興味をもっていました。

目の前の風景と、金子兜太氏の空想イメージの中を
そのまま言葉にした俳句は難しいです。
が、個の展示では、丁寧な解説もあり、
とてもわかりやすいです。
地元の風景をうたった俳句は、
熊谷の日常生活の特徴的な点をうまく
短い言葉で切り取ったのだなぁと思います。

「定住漂泊」という言葉が印象的でした。
そこに住んでるのだけど、
放浪旅のような気分の日々?
ボヘミアン?

学芸員の大井氏と偶然、お会いすることができ、
忙しい中、紹介していただきました。
ありがとうございました。

桜の終わりかけた熊谷ですが、
選挙戦へむけて賑やかです。
知り合いも多く出馬し、そして選挙を手伝っています。
本当に皆さん頑張ってほしいです!
d0297177_21224907.jpg

by shimada1217 | 2019-04-15 21:23 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

すみだ北斎美術館

"へい!旦那!"

江戸時代当時の庶民の人々の
様々な動きのあるある描写は、
今にも会話が聞こえてきそうでした。
そして、
"80歳を超えても猫一匹も描けない
悔しい思いをした"
という、
画家としての謙虚な姿勢。
いろいろ、勉強になりました。
d0297177_22080764.jpg
自分の行きたい建築でした。

建築は、妹島和世氏の設計。
シルバーの街に溶け込むような
柔らかな印象。
閉鎖的な外観であるつつも、
一歩踏み入れると、ガラスの開放的な
印象の空間。床面の間接照明が
とても柔らかでした。
d0297177_22082802.jpg
d0297177_22083834.jpg
複雑なガラスの立体の構成は、
施工者泣かせ!

by shimada1217 | 2019-04-09 22:08 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

食品ロス

毎日の打ち合わせに
合間をぬっての図面作成、
それに加え確定申告の追い込み!
慌ただしい一週間がすぎ、
何気なく、新聞を眺めていたら、
よいニュースがありました。


食品ロス削減推進へ

食品ロス削減推進法案が、今国会で
成立する見通しとなった記事です。
毎日新聞の記事の3.17の
朝刊の記事でした。

自分は、大人数の集まる懇親会に
参加することも多く、
たくさんの食べ残しをみてきました。
持ち帰ろうにも、食中毒などの
危険から、持ち帰りしないで下さいの
注意書きも見かけます。
飲食関係の知人に聞いても、あまり
好ましくないようです。

記事の文章からは、
コンビニやスーパーでの賞味期限内容での
廃棄に関することですが、
食べ残しについても引き続き、
何かムーブメントが起きれば
よいと思いました。
宴会には、名刺入れとタッパーとビニル袋持参。
そんな雰囲気になれば。

食材の生産者や
料理に携わるひと全てに感謝するためにも。

by shimada1217 | 2019-03-18 21:28 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

フリーパス

海外の方々とお話しをする機会がありました。
昨日までは新潟に行っていて、
明日からは、北海道の函館に行くと。
すごい行動力だなと思いつつ、どうして
そんなに動けるのかなと。

見せていただけたものは、
海外の方々専用のフリーパス。
このパスは、6日間、JR東の新幹線含めて
乗り放題で¥26000!
d0297177_22291305.jpg
これは欲しい!
国内を、飛ぶように回れる理由の一つだったのですね。

国や企業の観光戦略の一つなのでしょうか。

新幹線の止まる駅は海外の方々に
来ていただくことに、
比較的有利ともきいたことがあります。
こういったことなのでしょう。

フリーパスで旅したいです!


by shimada1217 | 2019-03-11 22:29 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

美味しいごはん

「美味しいごはん」という、
大阪の定食屋さん「ゆにわ」を舞台にした、
ドキュメンタリー映画の自主上映会へ参加してきました。
d0297177_08195832.jpg
美味しい食事が人を幸せにする。

そんな大切なことを気づかせていただく内容でした。
食材の生産のされかた、料理の仕方、盛り付け方、
どれ一つとって物語があります。
それら料理は、とても美味しく、
お腹だけでなく心まで満たす食事となります。

印象的だったシーンはオーナーが
「店内は隅々まで、掃除をするというか撫でてあげるようにします。」
とお話ししたシーン。
この「隅々まで撫でる」という行為が空間を
人に見立てて、かつ、大切な思いをもっている
ことを意識した言葉だと思いました。
建築に携わる自分としては、ふと刺さった言葉でした。
食事空間にも何かが宿っているような。

自主上映会を企画していただきました、
商工会議所のつながりのメンバーの方々は
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

by shimada1217 | 2019-02-19 08:20 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

里山 デザイン

里山十帖。滞在してみたい宿です。
d0297177_06424375.jpg
この本は開業にいたるまでのプロセスを
記した本です。
従来のビジネス書とは、異なった観点の
内容です。読み終わったあとは、戸惑ってしまいます。
とは言え、具体的な内容で、
とても説得力を感じます。
著者は、デザイナー畑出身。雑誌
「自由人」を創業。
宿泊の豊富な経験や雑誌などたくさんのデータの蓄積を元に、
あらゆる客層とそこで体験すべきことをシュミレーション。
多少の賭けも。
そうした試行錯誤を重ね、開業された宿。

この本を通して、通して大切にしていることは、
この宿のある新潟の山奥の土地の文化。
ライフスタイル、食文化、アート、人びとの交流であったり。
そういったところから、
新たな価値が、創造されるのだと思いました。

今年の目標は、積ん読(つんどく)を無くすこと。
なるべくがんばります。

by shimada1217 | 2019-02-13 06:45 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

ホットサンド

熊谷の名喫茶、
アキモトロースターズコーヒーにていただきました、
ホットサンド。
オーナーと色々話しをしていると
家でも試してたいと思いました。

電気で焼くものだと、
収納の奥で眠ったままになりそうなので、
フライパンとかと同じ使い勝手の
直火で焼くタイプにしました。
アウトドアでも活躍できそうです。
d0297177_08134390.jpg
トースターで焼くのと異なりどうして
こんなに味が美味しくなるのか不思議です。
ホットサンドの本も出ているようです。
色々、挟むのことが楽しみになりそうです。

食パンを二枚使います。
ダイエットには要注意だと
思いました。

by shimada1217 | 2019-01-22 08:14 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

正月はうどん打ちから

あけましておめでとうございます。

正月はせっせとうどんを打ちました。
生涯、三度目。

昔は、祖父がうどんを打っていました。
父が、仕事引退後、はじめたのですが、
まもなく、自分がやるハメに。

信州大学在籍時には、
蕎麦打ちを何度か経験していたので、
伸ばすのことと切ることは慣れていましたが、
こねるのは、難しいですね。
d0297177_08463801.jpg
レシピどうりの水の分量ですが、
粉からなかなか、固まらず、、。
先の見えない雰囲気は、とてもあせります。
うどんは食べれるのか、、、。

気持ちを込めて、
なんとか、無事にこね終え、
そして美味しく食べることができました。

味は、よかったのですが、
食感とか、見た目とかは、素人レベル。
伸び代に期待と反省。

まちづくり活動を通して、
自分の家でうどんを打つことは、
熊谷あたりでの昔からの食文化ということを
学びました。
大変ですが大切にしていきたいです。


by shimada1217 | 2019-01-07 08:46 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

建ぺい率

ふと見たTV番組で
「パスタの建ぺい率」
印象的言葉でした。

そんな言葉を
美味しいパスタ屋にて思い出しました。

パスタは高級であるほど、
大きなお皿に対して、小さく盛り付けられています。
イコール、お皿の面積に対して、パスタの載る面積が
小さくなります。
つまり、パスタの建ぺい率が、小さくなります。
d0297177_08163588.jpg
d0297177_08202446.jpg
建ぺい率。
ご存知の方も多いと思われますが、
敷地面積に対する建築面積の割合。
(建築面積とは建物を上からみたときの投影面積)
高級住宅地であるほど、庭が広い家が多い=
敷地の広さに対して、建物の建築面積が小さい=
つまり、建ぺい率が小さいです。

料理と建築は似ているなと思いました。

お店。近所にできたお店で気になっていました。
とてもおいしいパスタで、感動しました。
「Torattoria JILLY(トラットリア ジリー)」


by shimada1217 | 2018-12-17 08:21 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

「ガストロノミーツーリズム」

「忙しい日常、ふとした時間に旅行の妄想
をしてしまします。
以前、新潟あたりを旅行したときに、
道の駅でパンフレットで見つけた
言葉でした。

雪国観光圏

これからの季節はほっこりします。
その中で見つけた言葉。
「ガストロノミーツーリズム」

のサイトによれば、

「ガストロノミーツーリズム」とは、
欧米で普及している旅のスタイル。
その土地を歩きながら、その土地ならではの食をたのしみ、
歴史や文化を知る旅
とのこと。

観光というと神社仏閣、景色、温泉が
メインですが、「食」を目的とした
観光に目的を変えた場合、また一つ観光の
楽しみがふえるのかと思いました。
もしくは食を調理したり収穫したり。
d0297177_13045628.jpg
その土地の食事など旅館にとまればある程度
わかるかもしれませんが、
日帰りや、外食の場合、ホテル宿泊の場合は、
わかりにくいです。
その土地の食文化というのも地味なものも多く、
旅行の非日常を期待している人にとっても
どうしても理解されにくいかもしれません。
でも、そこには、固有の文化があり、
実は新鮮でおいしいものも多くあります。

そういった観点で埼玉や熊谷の観光を考えたときに、
うどん、うなぎ、ホルモン、、、
をはじめとても素晴らしい食文化が
たくさんあり、魅力があると思いました。

by shimada1217 | 2018-11-19 13:06 | 楽しみ・その他 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

金子兜太展
at 2019-04-15 21:23
千葉県成田市へ
at 2019-04-15 21:21
すみだ北斎美術館
at 2019-04-09 22:08

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月