<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

現場で飛び交う文句

仕上げに向けて、各工事がもくもくと
すすめられていきます。


外壁の左官
下地のモルタルは一通り終了。
長めの養生をして、仕上げはお盆後です。
重たいモルタルをリズムよく平滑に仕上げる
様は名人芸でした。
d0297177_1051037.jpg


建具は取り付け中。
見た目はわかりませんが、
折れ戸の収まりがすこし、難。
1日がかりでした・・・。
本当にお疲れさまです。
でも、図面どおりにきれいにしあがったので
大変満足。
d0297177_1055544.jpg


浴槽の仕上がり状況。
あとは目地詰めが少し。
水勾配が難しく、床石の段差が心配
されましたが、なんとかきれいに
施工していただけました。
さすがです。
d0297177_1093044.jpg


細かなおさまりに対応すべく、
現場になるべくいるようにしています。
そうすると、職人さんの愚痴や文句がすさまじく
きこえてきます。

製品に対する文句、設計に対する文句!
耳をふさぎたくなりますが。

そんなぶつぶついいながらも、
しっかりおさめてくれる職人さんには本当に感謝します。
by shimada1217 | 2013-07-27 10:12 | 建築 | Comments(2)

鎌倉散歩②

後半はサイクリングで適当に。

妙本寺という寺です。
とても大きな屋根が特徴のお寺です。
d0297177_992054.jpg

海老虹梁↑
高さの違う柱の頭をつなぐ斜めの材。
海老のように反ってます。
d0297177_994737.jpg

裳階(もこし)↑
軒をささえる材。階段てきにはね出ています。
d0297177_9111083.jpg

途中みつけた、↑
お寺の柱と海老虹梁。
彫刻がすさまじいです。

最後に印象的だった、
逗子マリーナというところです。
d0297177_9132339.jpg

日本のセレブたちが、船上で楽しんでいました。
隅っこで見ているだけでも
こちらもわくわくします。
鎌倉からも比較的近いので、おすすめです。
http://www.riviera-r.jp/zushi-marina/index.html
d0297177_9134476.jpg

by shimada1217 | 2013-07-23 09:19 | Comments(2)

鎌倉散歩①

鎌倉マニアな友人の紹介の
の鎌倉散歩の一部です。

北鎌倉の浄智寺の裏あたりから、山を越えて、鎌倉駅への
ハイキングコースです。
d0297177_955281.jpg

d0297177_962573.jpg

ここでの一番のおすすめは、
「たからの庭」
d0297177_964975.jpg

http://takaranoniwa.com/
です。民家を改装してカルチャースクールや、
ちょっとしたみやげ店があります。
そこの、スモークチーズがとてもおいしいです。

鎌倉あたり特有の地形の谷戸(谷間の地形)を歩くのは、
道がくねくねしていることや、
とても個性的な建物が多いということ
趣向の凝らした、庭の花や木々の豊富さなどなど
街の風景が変化に富んでいるのでとても楽しいです。

目的なしで、ただ、歩くだけでもおすすめです。
by shimada1217 | 2013-07-23 09:07 | Comments(2)

クロス貼開始

ようやく内装工事のクロス貼がはじましました。

室内には、クロスを貼るためのマシン。
右側の白いタンクは、クロスを貼るための糊のタンク。
d0297177_8929100.jpg

それが、ホースでつながれ正面の大きな機械でクロスの裏面に薄く
糊が貼り付けられていきます。
その糊がついたクロスを壁に貼り付けます。

内装工事の人は3人です。
一人はクロスを貼る人、
その補助(寸法を測ったり、クロスに糊をつけたり)
そして、クロスを貼る下地を平滑にする人。
思った以上に手間もかかり、人工もいる作業です。


それでも徐々にクロスはしあがっっています。
少しずつですが完成の姿が垣間見えます。
d0297177_810888.jpg

写真は和室の天井です。
by shimada1217 | 2013-07-19 08:11 | 建築 | Comments(0)

アンドレアス・グルスキー展

先日、国立新美術館で開催されている
ドイツの写真家、アンドレアス・グルスキー展へ行ってきました。

「アンドレアス・グルスキー」???

実は、最近、初めて知りましたし、
現にチケット買うとき、噛んで、言えませんでした(笑)。

が、下の写真のように、きれいで、迫力あります。
そのことに惹かれていってきました。
d0297177_21345750.jpg


被写体はカミオカンデです。ノーベル賞をとった教授の実験施設。

人工物や自然の景色の幾何学的な構成の美しさや、なにかが集合したときの
全体の美しさを写真で切り取った作品です。
その写真のすっきりとした感じが、写真であるのに、近代デザイン的で
僕はとても好きです。

でも、自分もがんばれば、このような写真はとれるのでは?
といった錯覚も。

興味のあるかたは、ぜひいいたいとこです。
量の割に国立新美術館は意外に、料金が高いので注意です。
1500円。
自分は必ず、音声ガイドを借りるのですが+500円。
2000円って、確か、世界のルーブル美術館並み。


巨匠、黒川紀章設計の、この巨大ホワイエ。
気持ちよかったのが意外でした。いい空間です。
d0297177_213602.jpg

by shimada1217 | 2013-07-16 21:38 | Comments(0)

屋根部分の断熱材の効果

連日暑い日が続きます。
現場にいるとあせだく。。。

その猛暑のなか、気になるのは現在、
工事中の断熱性能です。
特に熱をもろに受ける屋根部分の下、
つまり2階の温度が気になってます。

今回の住宅では屋根の断熱仕様を、
少しばかしですが、
グレードアップさせています。

屋根を一枚のサンドイッチ構造のようにして
中にたくさんの部材で構成されています。

・スタイロフォーム50mm
・通気層40mm
(サンドイッチ内部の湿気を排気し、
 かつ、熱気を排気する層)
・木材の繊維のボード9mm
さらに防音と断熱の効果を期待して値段の
安い
・石膏ボード9mmを入れています。

温度測定の結果は、

1階
d0297177_2334547.jpg

2階
d0297177_2341363.jpg

36℃

本日夕方4時ころの温度測定なのですが、
1階と2階とで温度差2℃程度。
つまり、2階部分では屋根の暑さの影響を
ほとんどうけていないようです。
よかったです。
夏場、2階にあがったときの
モワッとした暑さを回避できそうです。
by shimada1217 | 2013-07-12 23:07 | 建築 | Comments(0)

くちなしの花

くちなしの花です。
d0297177_2124149.jpg

1か月ほどまえから現在計画中の敷地に
さいています。
咲く前までは知らなかったし、一切きずきませんでした・・・。

敷地の門あたりに植えてあっておとずれる人を
とても良い気分にさせてくれます。
虫がついたり、枯れてしまうと見栄えが
わるいのですが、
咲いているときは、
やさしい白の色、
花の形のバランスがとても美しいです。
そしてなんといっても最大の特徴は
あまく、さわやか香りです。
とてもよい気持ちになります。

8丈くらいの部屋ですと、花瓶に花二つでほぼ
二日程度はずっととてもよい香りで満たされます。


もう梅雨はあけてしまいましたが、
この時期の花は
アジサイとクチナシのツートップです。
よくみると住宅街の庭でも結構見かけます。
けっこうメジャーです。
こんなによい花があったなんて。勉強になります。
by shimada1217 | 2013-07-08 21:32 | Comments(0)

お値段以上

まず写真は現場の様子。
塗装工事開始。

父に借りた
広角10mmレンズにて一枚。
やはり
迫力ある写真がとれます。
d0297177_2227950.jpg


今日はニトリでロールスクリーンの打ち合わせ。

数社見積もりしました。結果、ニトリが安かったです。

仕様はニトリ自社ではなく
別のメーカー(TOSO)なので、不安要素はありません。
大きな窓などのロールスクリーンは、
二つに分割するなどして
特別サイズにしないようにして値段を下げます。
そういった工夫もありますが、
やはり「お値段以上・・・」といった印象です。

一番大切なことは、部屋の内装に合わせて
色を選ぶことだと考えます。
が、色のほかにも、
その場所は、遮光が必要なのか、
レースっぽいのがあったほうがいいのか。
水があたるのか、
カーテンボックスに収まるる寸法なのか。
操作方法は、チェーンなのか否か、
それは右or左?
検討要素はたくさんあります。

d0297177_22292557.jpg

by shimada1217 | 2013-07-05 22:30 | 建築 | Comments(0)

伸びる工期・・・。

いよいよ7月。
当初予定は、竣工7月15日でしたが、
3週間ほど伸びそうです・・・。
でも懸念された左官工事も予算内
でなんとかおさまりそうなので
そこだけは一安心。

もくもくと内装工事、外装工事、
が進んでいきます。
d0297177_22334026.jpg

d0297177_22335691.jpg

d0297177_22341094.jpg

梅雨なのに、意外に、雨もすくなく、
10時と15時の休憩時間は、
外の休憩所で、お菓子を
たべながらくつろいでいます。

休憩時間に、
ぼくが、現場でちょっとした作業していると、
「設計屋さんも休憩しませんか」と
やさしい一声。
一緒に、休憩しながら、ほのぼのした時間を
過ごしました。

ただ、、、
その休憩後の、様々な工事の
指示をするのに、人として
いいにくくなるのは事実。

鬼の心で仏の顔で指示。

あと、今日は、ロールスクリーン屋の採寸。
採寸する方が、少々時間あって、
業者ですが家内を見学。簡単なガイド。
家をほめていただき、自分は少々、うれしくなります。
これは営業チャンス!
by shimada1217 | 2013-07-02 22:36 | 建築 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

タグ

外部リンク

最新の記事

熊谷圏オーガニックフェス ..
at 2018-09-18 23:41
北陸へ建築見学
at 2018-09-18 23:39
コリアンダイニング
at 2018-09-10 07:47

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月