<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「レディカガ(加賀)」

加賀温泉の駅でみつけたCM
「レディカガ(加賀)」
http://ladykaga.me/
面白いです!

が目的は街湯
http://machiyu.com/
こちらも
設計は谷口吉生氏。
加賀温泉駅→片山津温泉にあります。
d0297177_2216514.jpg

写真右のガラス張りの建物です。
d0297177_2219266.jpg


絶景に思わず興奮する温泉です!
浴槽の背もたれの丸みなんかも気持ちよいです。

温泉街は休日にもかかわらず、人もまばら。
だからこそ、この街湯そして、「レディカガ」には期待!
いつかまた、行ってみたいを期待させる雰囲気があります。
by shimada1217 | 2014-01-27 22:21 | Comments(0)

鈴木大拙館

金沢の兼六園や21世紀美術館から少し歩いた街中にあります。
鈴木大拙とは、日本の「禅」を世界中に広めた明治から昭和の学者です。
その人を紹介し、そして、禅の教えを心のなかで感じる
空間です。
設計は谷口吉生氏。
d0297177_22121226.jpg

d0297177_22123081.jpg


http://www.kanazawa-museum.jp/daisetz/

美しいの一言に尽きた建築でした。
by shimada1217 | 2014-01-27 22:14 | Comments(0)

瑞龍寺

先日いった北陸の旅で行ったお寺です。
旅行の様子はネタ切れ防止のため小出しにしていきます。

瑞龍寺。
d0297177_23294229.jpg

これは富山の高岡にある禅寺。
国宝です。
国宝といえば、京都以外では、善光寺や中尊寺金色堂。

写真をバチバチとっていたら、通りかかったお坊さんに
「珍しいところを写真にとられていますね。」
「ええ、建築やってますんで」
と、こえをかけていただき、お話をいろいろ伺うことができました。

印象的だった言葉です。

「このお寺は一人の大工さんのもと20年かけてつくられた建物です。
そんな長い期間どういった思いで、このお寺を作りつづけたんでしょうか」

「みてください。このプロポーション。回廊と各堂とのバランス感覚。
仏殿、山門、総門と続く開口部の見え方。美しくありませんか。」

「数百年続く建物。こういった不変の建物が街にあるって幸せなことではないですか。
子供のころ見て、大人になってみて、年老いて見て。
かわらぬ故郷があり、そこに思いを馳せることができます。」

といった内容だった記憶。
by shimada1217 | 2014-01-20 23:31 | Comments(0)

たまに、心に響くアコースティックな曲で女性ヴォーカル

都内屈指の、おしゃれデートスポット。
代官山TSUTAYA。
d0297177_23253753.jpg

乾いたこころを潤す音楽を探しに立ち寄ってみました。
棚からたくさんのCDをとって、必死に視聴していました。
ヘッドフォンを外し、CDを交換する合間に、どこからか響く、
ギター音そして、ボーカル。

一枚壁の向こうでは、「片平里菜」
というアーティストの
プロモーションライブが行われていました。

まったく興味はなかたのですが、何度か耳にする内に、
ふとライブのほうへ参加してしまいました。
生歌の迫力ある響き、ソロアーティストの力強い声、
アコースティックギターの音にリズム、
歌手の楽しげな表情。とても好きですね。
大きなライブとは違った、親近感があります。

代表曲、「女の子は泣かない」というタイトルは、
自分のような、おっさんにはうけませんが
(インパクト勝負という意味では◎)、
その曲自体、そしてほかの曲もとても素敵でした。

たまに、アコースティックな曲そして、
女性ヴォーカルがしっくりきます。
たとえば、Carole King  とかですね。べたですがよいです。
by shimada1217 | 2014-01-20 23:26 | Comments(0)

閑散とした富山市の理由

この三連休、遠出は久しぶり。
富山、石川あたりです。

人気のいない閑散とした繁華街に、観光地、住宅街。
雪国の冬はこんなに閑散としているのかな・・・。
と正直さびしい気分でした。
が。どうやらこの推測は間違い。

観光地ではガイドさんが管理人室でテレビを見て、大盛り上がり、
土産屋の人も、携帯TVを片手に、にぎわっている様子?
住宅街を歩いているとなにやら、悲鳴?

なぜか?そう、富山駅前にてその答えがわかりました。
富山第一高校が奇跡の逆転優勝!
その劇的さはすごかっですね!
写真は、号外をもらう人の列。
d0297177_2252097.jpg

勝った富山は素晴らしいですし、
まけた石川星稜も、とてもよい経験ではないかと思います。

岩瀬にある「森家」の重要文化財のガイドの方が
とても印象的な言葉を教えていただけました。
「転んでも、何かを拾って立ち上がる」
それが、繁栄を築いた商人の森家の言葉だったそうです。
しみる言葉いただきました!

観光なんかしてる場合じゃなかったことが残念。サッカー見たかった~。
by shimada1217 | 2014-01-14 22:53 | Comments(0)

たばこ

たばこをやめて1年!
がしかし、いまだ吸いたくなる、この魔力。
つくづく、たばこの怖さを感じます。
とくに、打ち合わせの後とか、食事の後。

たばこをやめたメリットをあんまし感じないのも
難しいところです。
せいぜい、ポケットが軽くなったことと、
ライターを探す時間の節約程度です。


自分なりのやめたコツ。
①徐々に本数を減らす。自分は1日3本まで減らしました。
②記念になる日でやめる。(誕生日、1月1日・・・)
③すいたくなったら深呼吸、とくに息をゆっくり吐く。

たばこは、すってあの、煙を口から吐くときが
もっとも気持ちのよいときです。
深呼吸してゆっくり息を吐くことは、
たばこすうことにとてもよく似ていて落ち着きます。
by shimada1217 | 2014-01-14 22:48 | 旅行 | Comments(0)

つ・「鶴舞う形の群馬県」

年始は、群馬の母がたの実家にて、
親戚同士のあつまりがあります。
d0297177_22384222.jpg

そこで、去年あたりから盛り上がるのが、
「上毛かるた」群馬県を紹介する読み札のかるたです。
群馬の人はこのかるたの読み札を
ほぼ暗記しているというからすごいです。
そして、なんと、4世代でもりあがります。
紅白歌合戦を超えた、
とても素晴らしい時間を過ごせます!
自分も子供相手に本気でやります。
が、子供達の圧倒的勝利・・・。


埼玉にも郷土かるたがあって、それもやりましたが、
やはり、ゴロの言いやすさ、地名の有名さなど、
上毛かるたに軍配です。

大人になって地元を離れても、子供のころに深くきざまれた
かるたの記憶はとても大切な思いになります。
郷土愛をはぐくむとてもよいゲームです。

ら・「雷と空風義理人」・・・何度かやると覚えちゃいます。
by shimada1217 | 2014-01-05 22:40 | Comments(0)

上野東照宮

初詣。
今年は、上野東照宮。
d0297177_2234029.jpg

上野公園内にあります。
最近、修復工事が終了。

金ピカで迫力あります。家康様の権威がよくわかります。
日光東照宮とか、東照宮とつく有名な建築は本当にキラキラ!
熊谷にある国宝の妻沼聖天様も同じようです。

写真は
隣にある施設「ボタン園」
d0297177_22341965.jpg


隣の施設同士のあまりの対照的な美
(東照宮の華やかさとボタン園の静かな感じ)
が何とも不思議な感じ・・・。
by shimada1217 | 2014-01-05 22:35 | Comments(0)

山口晃展

館林美術館で開催されています。
d0297177_22314358.jpg

西洋画が日本に来る前の日本の技法
(遠近法や陰影がない技法、雲で隠す絵など)を
大切にして作品を作成しています。

すべての絵の題材もが滑稽です。特に、
現代版の洛中洛外図は
作品を凝視するとその絵の登場人物になった気分になり、
とても楽しくなります。
子供から大人まで、
だれでも楽しむことができる作品がおおいです。

展示室の出口に暖簾が掛けてあります。

ちょうど、暖簾をめくって、
展示室をあとにする、どこか、
日本家屋の店っぽくとても好きでした。

13日までです。興味のあるかたは是非。
d0297177_22315795.jpg

by shimada1217 | 2014-01-05 22:31 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

熊谷圏オーガニックフェス ..
at 2018-09-18 23:41
北陸へ建築見学
at 2018-09-18 23:39
コリアンダイニング
at 2018-09-10 07:47

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月