<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

写真家による写真撮影

d0297177_22361766.jpg
去年竣工した、住宅の竣工写真の撮影が
ようやく行われました。
庭の緑が元気になったことろを待ってのことです。
撮影は、
石田篤氏
http://www.ipsinc.jp/
しびれる写真に仕上がります!

撮影日にちは、ちょうど梅雨の明けた日。
炎天下の中の撮影は本当にお疲れ様でした。
d0297177_22362553.jpg
自分の仕事は、写真家のサポート。
写真家にいかに気持ちよく撮影していただけるか、
自分なりに、思考錯誤しながらの
一日でした。

撮影合間の、雑談は本当にかけがえのない
とても、充実したひと時でした。
写真業会や、写真のテクニックなどなど。


写真は後日HPにUPします。


by shimada1217 | 2014-07-27 22:39 | 建築 | Comments(0)

祭りのあと

先日市内で行われた祭り。のあと。
d0297177_22322174.jpg
大勢の人でにぎわうし、お酒も入るので、
ゴミも仕方ないのですが?

ゴミはゴミ箱。もしくは持ち帰り。
アウトドアの基本。
d0297177_22320613.jpg
数時間後の、ボランティアの人たちや、市の清掃局の人の
迅速な後片づけに、感動。


by shimada1217 | 2014-07-27 22:34 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

先日、実家の草むしりの手伝い。

1時間ばかり。
雑草との格闘。
抜きにくい草や、とげのある草・・・。
なかなかてごわです。

ふと見つけた蝉写真。
d0297177_21384430.jpg
地面に視点を近づけると、
大きな発見がたくさんあるもんです。

小学生ばりの感動の瞬間!
by shimada1217 | 2014-07-21 21:40 | 楽しみ・その他 | Comments(1)

山登り 苗場山

今年初登山。
場所は苗場。
フジロックに、スノボによくお世話になる場所
だったので、気になってはいました。
中級程度の山です。

山頂は広大な湿原。
d0297177_21341287.jpg
どこか北欧のような雰囲気。
しっとりとした、
静寂な、そして神聖な感じ。

d0297177_21323343.jpg
この時期は、天気が安定しないのですが、
高山植物がきれいです。
その目当てに来ている人も大勢いました。

久々の仲間と楽しい登山でしたが、
睡眠不足、山頂前のつら~い急登、
急な雷雨→携帯電話死亡
なかなか大変・・・でした。
by shimada1217 | 2014-07-21 21:35 | 旅行 | Comments(0)

熊勉会 第3回目

d0297177_22153597.jpg
毎月開催されている、
熊谷商工会議所主催の勉強会。
今回は、目的(抽象)と目標(具体的)。
そのための事業計画について。

事業計画は、結果がでたときに、
なぜ、計画と結果が異なったのか、なぜ、計画通りなのか、
その検証するために必要不可欠なものです。

前回勉強した、戦略、戦術との位置づけは
この事業計画の中に含まれています。
目的>目標>戦略>戦術

パン屋の場合。
目的:朝食に新たな風を。
目標:すこしリッチなパンを提供
   〇〇位の売り上げを。
戦略:若い女性をターゲットに
戦術:地元のファッション誌で告知といった

ぼくの理解。では、自分の場合は?
by shimada1217 | 2014-07-13 22:16 | 経営・交流 | Comments(0)

神楽坂の赤城神社

東京での講習会が終わって17:20
この時期は、明るいので、東京建築見物が
できるのでうれしいです。
d0297177_22094726.jpg
隈研吾氏設計の赤城神社。
神楽坂の坂のてっぺんにあります。
山の上という地形的特徴から、
ビルの上でなくても眺望がよいです。
http://www.akagi-jinja.jp/
d0297177_22095122.jpg

ガラスの壁でそのすぐ外側に木のルーバーが
取り付けられています。
軽やかで、透明感の高い印象と、
ガラスの透明性で、神聖な緊張感も感じます。
神社らしいです。

ルーバーが特徴的です。
45度角を振って取り付けられており、
独時な陰影の印象です。
また、1.2m程度の長さで分割してあります。
無垢の木材なので反りを最小限に食い止める
ためでしょうか。

神楽坂の坂を飯田橋からずっと登っていったのですが、
地域密着的で、軒の低い建物の商店街は
親密な空間といった印象でした。
by shimada1217 | 2014-07-13 22:12 | 建築 | Comments(0)

佐藤時啓 光―呼吸 そこにいる、そこにいない展

写真美術館にて。最終日ですが、人も少ない様子。
午前中のせいでしょうか。
人も少なく、ゆっくりみれるので、おすすめです。
d0297177_22065280.jpg
長時間露光の特性を生かした表現が特徴です。
水玉のような点は、撮影者が鏡を持って太陽光を反射させた光です。
(そこにいる)でも写真にその人は映っていないので(そこにいない)
長時間露光だからこそなせる技。
長時間露光という、静止しているものは明瞭に、
動いているものは、ぼやけて。
その独特な表現は好みです。

他にも、写真という撮影テクニックの可能性を様々に
駆使した作品は、勉強になります。
「既にあるテクニックを様々に利用してできる、あらたな表現の可能性」
です。


長時間露光とは
http://gigazine.net/news/20100510_long_exposure_photos/



by shimada1217 | 2014-07-13 22:08 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

「星野リゾートの教科書」

何かと話題の星野リゾート。
建築的にも素敵な空間ですし、
経営的にも、とても有名です。


今回、この本を手に取ったのは、
素敵な建築空間と経営的な関係性を知りたいと
思ったことが動機でした。

内容はほぼ、経営的な話。で建築的な話は
とくになかったのですが、
その社長が、これまでに教科書として、
使用してきた本が紹介されいます。
d0297177_22092835.jpg

そして、その本が教科書としてふさわしい理由も
かかれてるところがよいです。
とても、わかりやすい文体で、すぐに読めました。

思わず付箋とか貼りたくなる感じです。

経営学は、技術畑にいた自分にとって、
全く知らない畑。
経営学の奥の深さに踏み入れた瞬間でした。
by shimada1217 | 2014-07-08 22:09 | 経営・交流 | Comments(0)

「うちわ祭り」のお囃子~熊谷の音風景

この時期、市内は熊谷最大のイベント「うちわ祭り」
にむけて、準備がすすんでいます。
d0297177_21590920.jpg
この時期の、夕方、市街地を徒歩、もしくは、
自転車で移動すると
方々で、
「うちわ祭り」のお囃子の
練習の音が聞こえてきます。

熊谷の夏を音で感じる季節です。
d0297177_21591626.jpg
最近の夕方くらいの気温がとても気持ちよいです。

真夏の暑さも気合いが入っていいのですが、
夜だけは、せめて、
今ぐらいの気温でいてほしいと思います。
by shimada1217 | 2014-07-08 22:00 | 楽しみ・その他 | Comments(0)


日々の出来事・日々考えたことを綴っています。


by 島田義信

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

服のリノベーション
at 2018-02-26 08:14
3人寄ってのアイディアの出し合い
at 2018-02-26 08:12
古い街
at 2018-02-20 22:56

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月