<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「天下分け目」!のビジネス交流会

というタイトルが特徴的な本庄で行われている交流会
に参加してきました。
「天下分け目」とは勝負の決まる大事な一番という意味とのこと。
d0297177_21162994.jpg
展示会、商談会、
講演会、そして交流会の4本だて。

交流会は、ただの立食パーティではなく、
主催者の商工会議所の方が、仲介役として、
コンタクトしたい人を探してくれ、
とても、交流しやすい雰囲気を作ってくれます。
これは、とってもよいシステムだと思いました。
そして、大変お世話になりました。

お酒、食事もあり、お話も深く進みます。

建築関係でも、目からうろこの工法や商品を知ったり、
別のところでは、
新たな、仲間が増えたりと、充実した時間が
過ごせるよい機会です。


by shimada1217 | 2014-09-27 21:22 | 経営・交流 | Comments(0)

照明のイメージ

夜の照明の演出方法について、アイディアを練るべく、
商業的な建築をてっとりばやくたくさん見れると思い、
高崎線にて上京。そして、なんとなく、日本橋あたりへ。
d0297177_21121029.jpg
怪しげに、うろうろしていたら、
ホテルマンダリンのベルボーイの方に
親切に「よかったらどうぞ」とホテルを
案内していただきました。
宿泊せずとも、フロントやロビーなど
けっこういろいろ散策できます。
d0297177_21121895.jpg
調べたら、ミシュランガイド東京の「最も快適なホテル」!
d0297177_21122051.jpg
外国の方、
芸能人っぽい人、
BGMはジャズの生演奏
そして、
あまりに親切なホテルの人・・・
思わぬところで、日常をかけ離れた、
空間に出くわすことができました。

商業建築特有のコテコテ感は否めませんが、
たくさんのアイディアがつまったデザインは
勉強になります。

少々入るのには度胸がいりますが、おすすめの場所です。


by shimada1217 | 2014-09-27 21:14 | 建築 | Comments(0)

吉田うどん

河口湖の近くには富士吉田市という街があり、
吉田うどんが有名ということで、
早速いってみました。

ふつうの民家、おばあちゃんの家の座敷でたべます。
床の間、演歌のポスター、ご先祖様の写真・・・。

ほんとうに、素朴なうどんですがとてもおいしいです。


おばちゃんの印象的な一言がありました。
「吉田ではここだけでなく、たくさんの店で
いろんなうどんを提供しています。
また来たときは、是非、他の店にもいって
自分の好きな店をみつけてください。」
また行きたくなります!

d0297177_23294114.jpg
http://www.fujiyoshida.net/forms/info/info.aspx?info_id=2002
by shimada1217 | 2014-09-24 23:30 | 旅行 | Comments(0)

ほうとう不動

河口湖あたりに展開しているほうとう屋です。
建築家、保坂氏の設計の建築です。
富士山の前の「かまくら」というか、
ドラゴンボールにでてきそうです。
d0297177_23250861.jpg

d0297177_23251000.jpg
「ほうとう」を食べることに適した空間かどうかは別として
インパクトは大!見る人をあっといわせる迫力ある大空間、
そしてシンプルな構成、とくに、光の陰影はキレイです。
そのデザインに合わせて、ロゴや店員さんの制服、のれん、
かく小物までこぎれいにデザインされています。
「ブランディング」ってやつです。


山梨「ほうとう」といえば、古民家風の「小作」が有名です。
近くには「小作」もあり、河口湖あたりは
「ほうとう」屋がひしめきあっています。

河口湖には、都会からの人が多く、
そういった人を相手にした場合の、
先進的な感覚の空間で、「ほうとう」を食べることがうけるのか、
一つの営業的な戦略です。


by shimada1217 | 2014-09-24 23:27 | 建築 | Comments(0)

富士山

河口湖あたりに行きました。
突如、峠を越えて、河口湖の後に現れた、富士山。
d0297177_23220458.jpg

近くでみる富士山はとても大きく、
恐れ多いまさに「神」のような印象でした。
ただ、埼玉から見える富士山って美しい印象です。
埼玉、東京などには「富士見」と言われる地名がたくさんあります。
富士山はあくまで、美しい鑑賞の対象です。
山梨とか近くには河口湖周辺には神社があり、「神」としての
存在。富士山を見る位置によって
存在が変わることが自分なりにうなずけた瞬間でした。
美しい富士山もしくは、神のような富士山。どっちか?。
by shimada1217 | 2014-09-24 23:24 | 旅行 | Comments(0)

イルミネーションづくり

商工会議所青年部関係の行事が続きます。
d0297177_22574616.jpg
11月から正月にかけて、市内を流れる川、
星川でイルミネーションが掲げられます。
その、準備がはじまりました。
d0297177_22575630.jpg
仕事のあとの、皆であつまっての作業です。
街づくりの一環としての事業のため。
訪れる人の笑顔をイメージしながら、
皆で楽しみながら作業します。
d0297177_22575858.jpg
とてもたのしいひと時が過ごせます。

仕事のあとの
レストラン「高原」での
ビールとステーキ丼は最高に旨し!!

また太ってしまいました・・・。


by shimada1217 | 2014-09-17 23:00 | 経営・交流 | Comments(0)

「人材を人財にかえる」

恒例、熊勉会、第5回目のテーマ。
わかりやすい、キャッチ―なテーマです。
人出→人材→人財といった社員となるためには。
d0297177_22560864.jpg
印象的だった内容は、

①会社の成果=個人の能力や気持ち×会社の環境


②社員の、日々の仕事の判断基準を、
理念で説明するということです。
例えば、店じまいのあとの急な
来客についての対応。

店のシステムを優先して、来客を断るのか、
客の対応をするのか。

その店の理念でその行為をどう説明するのか。


③叱り方。
人を責めずに、ことを責める。
失敗したその事を叱り、人は叱らないこと。
そして、期待で終わるようにする。
ということです。
「お前何やってんだ~!!」
って過去、散々自分は言われてましたが・・・。
はNG

その他いろいろ。
勉強しだすと奥が深いです。


by shimada1217 | 2014-09-17 22:56 | 経営・交流 | Comments(0)

ドバイ

何かとゴージャスな土地で有名なドバイ

それは、石油がとれない土地柄、どうするか?

世界中の企業をあつめて交流の場にしようとした
ドバイの方々の努力の賜物とのことでした。
d0297177_22542077.jpg
日本の市場は縮小→
そんなドバイでビジネスをせよ!!という
テーマの講演会。
埼玉商工会議所青年部連合会主催の交流会でありました。

世界中の企業に効率よく
商品をアプローチできる場といことです。

まずは、自分の目で確かめて下さいということで、
金曜の夜、仕事上がりで、羽田?(成田?)
へ向かい、現地、土曜の朝、到着。
現地日曜の夜出発→月曜日の午前中には
もどってこれる。
10万程度あればいけるとのこと。

ちょっと行ってみたいですね。
サウジアラビアとか含めて、旅したい。
頭の片隅に、焼き付けられました。
by shimada1217 | 2014-09-17 22:55 | 経営・交流 | Comments(0)

サッカー観戦

大宮VS鹿島。
熊谷にての試合でした。
d0297177_22512312.jpg
写真は、ハーフタイム、
ピッチにてTV埼玉様に
熊谷商工会議所青年部を宣伝していただけました。
その撮影に参加したひと時。

自分らの前には熱気にあふれる選手たちの列。
プロの選手をこれほど間近で見れるとは!
ハーフタイムで、引き上げる選手のシーン
迫力ある、選手の貫録はとても印象的。
これはちょっとした自慢です!
d0297177_22514494.jpg

恥ずかしながら初めてのサッカー観戦でしたが、
こんなに盛り上がるとは!大宮が勝てたので一安心。
毎年、一回の熊谷開催ですが、都合つけて
観戦できるようにしたいです。
by shimada1217 | 2014-09-17 22:52 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

スプラッシュバルーン

d0297177_21061173.jpg
写真は、スプラッシュバルーン
という、水の上に、バルーンを浮かべ、その中に入るという
アトラクションです。
http://www.karuizawataliesin.com/play

先日、商工会議所青年部の家族旅行に
参加させていただき、
軽井沢タリアセンでの一コマです。

家族旅行ということもあって、
d0297177_21064902.jpg
とてもゆるーい旅行なのですが、
唯一、激しかった遊びです。

とにかく立っていられない!
立とうとするとコケル。立っているためには、
バルーンの内部で、ハムスターのように走り
続けなければなりません。
その仕草は外からみてとっても滑稽。

年齢問わず、みんなでエキサイティングです。
ぜひ行ったさいは、最もおすすめするアトラクションです。

ちなみに、
その場所のすぐわきにあるのが、
かの有名建築家、A.レーモンドの
傑作、「夏の家」。(ペイネ美術館)

その配置関係がとても対照的でマカ不思議。
by shimada1217 | 2014-09-08 21:07 | 経営・交流 | Comments(0)


日々の出来事・日々考えたことを綴っています。


by 島田義信

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

増える、未来をつくる建築仲間!
at 2018-07-16 22:36
雨量
at 2018-07-16 22:29
Give Me Five!
at 2018-07-09 08:05

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月