<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

平林寺

先日、建築士会の研修で、
埼玉県の新座にある臨済宗の平林寺へ
行ってきました。
d0297177_17165044.jpg
東京近郊の新座。
これほど広大な武蔵野の原風景が
のこっていることにまず驚きでした。
d0297177_17164591.jpg
境内はちょうど、修復工事の最中です。
目的はその現場監督の方の
丁寧な解説をうかがうことでした。
そして、普段はみることができない、
本堂や庭園をみること
ができました。

すこしずつ解体しながら、
建設当時の、様子を調査、研究し、
そのとおりに修復していきます。
とても緻密な作業ですし、頭も使います。
ですが、その最大のその魅力は、
何百年前の大工さんとの対話でないでしょうか。
昔の大工はなぜ、こうつくったのか!


境内は、
禅宗様の典型的なつくりです。
大学や、試験で一度は勉強したのですが、
完全に記憶の外。
今回は、様式の現物をみて理解できること、
その構造の仕組みの丁寧な説明があることで
とてもよく理解することができました。


歴史的な建造物は様式がとても重視されながら
設計されいきます。
日本では、唐様、大仏様、禅宗様・・・
西洋では、柱頭の様式で
イオニア式に、ドーリア式に、コリント式・・・。

自分の興味あることは、その様式の意味。
なぜ、その様式はその形態にしたのか?
なにか良い文献はあるのでしょうか。
時間があれば調べてみたいと思いました。
by shimada1217 | 2014-11-24 17:17 | 建築 | Comments(0)

色に関するセミナー

今月号の「くまがや会議所だより」に
自分の載っている写真が4カットも掲載
されていました。
青年部の活動で3カットと、
セミナーの写真で1カット。
d0297177_17134206.jpg
セミナーとは色のセミナーで、
色のもつ効果と
そのひとに合った色、
パーソナルカラーをみていただく
セミナーでした。
掲載された写真は、自分がパーソナルカラーを選んでいただく
ワンシーンの写真でした。

春、夏、秋、冬と
4つのテーマににわけられた色を
どの色系統がその人にあっているかを
プロの視点でみてもらいます。
これは、季節を問わず、その人の
イメージアップにつながる色系統
とのこと。

ちなみに自分は「秋」系!
早速、ユニクロにて、
深緑のニットを購入いたしました。


by shimada1217 | 2014-11-24 17:14 | 経営・交流 | Comments(0)

キレイなマンションの外観

仕事で、田町あたりを歩いていて
発見したきれいな立面のマンション。
思わずパシリと一枚。
d0297177_17100378.jpg
たかが、マンションの
廊下側の立面計画ですが、
これほどきれいな立面は初めてみました。
そうとう綿密に
スタディされた立面計画に思います。

とてもシンプルです。


ここらへんは、そんなこだわりの
立面計画のマンションが
とても多かったように思いました。

田舎から上京した人のごとく、
ずっとビルを見上げ歩いていました。
(現に田舎から上京してますが・・・。)


by shimada1217 | 2014-11-24 17:10 | 建築 | Comments(0)

街なかギャラリー in熊谷

熊谷の街なかでアートが味わえる
ということで、楽しみにしていました。
d0297177_22352324.jpg
日本画から洋画、書道や、彫刻、などなど
あらゆるジャンルを一堂に楽しめるという点で
あらたな発見も多いです。
d0297177_22352525.jpg
地元をテーマにした題材の作品は、
あらたな視点を与えてくれます。

作品下に書いてある、数行の説明文も
わかりやすいのでよいと思いました。
「街中」っぽく展示の量も、
多すぎず、ふらっと立ち寄り、鑑賞できる
気軽な感じです。

八木橋の立体駐車場から見えた、
いつもと違う小さな感動のある風景
描いた絵画の作品は、自分も同じ経験があり、
共感できました。


蛍光灯で作品を鑑賞することが少し気になりました。

もう、企画は終わってしましましたが、
第1回ということで、次回もとても楽しみです。
by shimada1217 | 2014-11-16 22:36 | 経営・交流 | Comments(0)

コーチング 熊勉会 第7回

今回は「コーチング」の勉強です。
d0297177_22322797.jpg
「コーチング」とは、あまり聞きなれないことだと思ったのですが、
まさにコーチ。そう野球のコーチを同じ言葉です。
が意味が異なります。それは、コーチするということは、
教えるという意味ではなく、
答えを気づかせ指
d0297177_22322062.jpg
うこと。
「コーチ」のスタイルが時代によって変遷しているとのことです。

ではどう気づかせるのか。

例えば、部下の問いに対して、答えは、自分の中にあることを
前提とし、上司は、その答えを会話を通して
導き出してあげるということです。
部下自信で、答えを発見することにより、
とてもやる気にもなります。

当然、部下、上司の関係でなくても構いません。

相手の立場に立って考えるため。
例えば、45°の方向にお互い座って、
時間を区切って話を開始。
現状を把握し、思い込みをなくすようにします。
次に、会話を通して、
「問」に対してたくさんの見方、考え方を提供します。
こう考えたら、ああ考えたらどうなる?。など。
実行可能な行動がみつかれば、
期限をきめて実行させるようにします。

高度な、会話の技術が必要に思いますが、
そのテクニックの端々は日常的に
参考になることばかりでした。

コーチングを極めれば、自分のあらゆる
悩みや問いもなくなるのでは?
仏のさとりの境地?なのかと、
先生に質問したら、やはり、
自分の問いの回答は難しいとのこと。


高取氏というコーチング専門の先生を招いての講義でした。
講義スタイルも一見!
パワーポイントではなく、
あらかじめ用意した要点のまとめてある画用紙を
貼り付けて、説明していきます。

とてもインパクトがあって、わかりやすかったです。
ローテクなスタイルですが、伝わりやすさ
という点で革新的に思いました。


by shimada1217 | 2014-11-16 22:34 | 経営・交流 | Comments(0)

嗅覚にインパクトのある 正面ディスプレイ

東京での打ち合わせの帰りに、
街を歩いていたらなにやら賑やかな様子。

中に入ってみると、林檎の甘い香り!
d0297177_23285997.jpg
エントランス正面にたくさんの林檎のディスプレイ。
視覚だけでなく、嗅覚でもインパクトのある
正面ディスプレイに思いました。
香りを部屋中に充満させるために、
空気の流れを工夫しているのか、ただの林檎の香りだけなのか。
いろいろ感考えてしまいます。
d0297177_23292023.jpg
聴けば、長野県のアンテナショップ。
http://www.ginza-nagano.jp/

ちょっとおしゃれな空間に、長野をイメージさせる
おしゃれな土産物がたくさん並びます。
昔、長野でずいぶんながく生活していたが、
生活していてよく見かけるものではありませんでした。
ちょっと高級感のある長野です。

施設名を銀座「NAGANO」とあえて、「信州」ではなく
「NAGANO」をつかったのか。しかもローマ字。
通常、長野県全体を表現する場合は、
「信州」を使用します。
国際性のある「NAGANO」
のしたのか。興味深いところです。
by shimada1217 | 2014-11-09 23:32 | 建築 | Comments(0)

東京デザイナーズウィーク

先週、行ってきました。
もう、終了してしまいました。

毎年、楽しみにしているイベントの一つです。


建築(ちょっとありますが)
以外の先進的なデザインが一堂に介するイベント。

ジャンルと問わず、日常生活に
ふと、新しい発見や、楽しみを与えてくれる
デザインはとても勉強になります。
下の写真は杉を特殊に加熱加工した材料をつかった家具。
杉の正目のシャキッとした印象がきもちよいです。
d0297177_23245727.jpg
d0297177_23245305.jpg
写真は着物。

特に、個人で活動している作家さんの
作品は、小粒ながらも良品ぞろいです。
d0297177_23244406.jpg
写真は、脳科学者が作品を脳科学的に解説している
撮影の途中でした!


by shimada1217 | 2014-11-09 23:28 | 建築 | Comments(0)

建築紹介 銀座・青山

先日、友人の知人の、オーストリアの
建築家の方に半日、
銀座・青山の有名建築を紹介してきました。
とても恵まれた機会でした。
d0297177_23262639.jpg
自分は中学生レベルの英語でしたが、
建築に関しては、なぜか意思疎通できる
事が不思議です。
建築の外壁を手でペンペン触るのは
建築設計者の世界共通のしぐさのようです。

リクエストがあって主にそれを案内
したのですが、
それ以外でもおすすめがあっていくつかみて
まわりました。

感動していたのが、
伊東豊雄設計の
Tod's、mikimoto
d0297177_23282700.jpg


ヘルツォーク&ド・ムーロン設計の
PRADA
レンゾピアノ設計の
エルメス

自分は喜ぶと思って
紹介した
歌舞伎座や根津美術館
d0297177_23325942.jpg
はイマイチでした。

他にいろいろ紹介しましたが、
反応はわかれまました。
繊細な感覚のデザインよりは、
どこか強さの感じる表情に興味があったようです。

夕食を共にしながら、
印象的な会話がありました。
彼らは、一か月近く、日本を旅行するとのこと。
働いている身なのに、すごい長いねと驚くと、
「キミたちはどれくらい休みはとれるの?」
「とれて一週間ぐらいかな。」
「それだけ働いて、たったそれだけ!
 お金は一体何につかってるの?」
「友人とのパーティ」「飲み会?」
っていうのが精一杯でした。
by shimada1217 | 2014-11-03 23:34 | Comments(0)

国宝展

先日、上野で開催されている国宝展へ。
入館になんと50分も待ち!
内部も人ごみで、じっくりみれるわけではありません。
d0297177_23215702.jpg
国の「宝」といっても
どうも実感わきません。

でも、それは自分の感性、知識が疎いだけ。

土偶の奇妙な形、仏像の表情、
絵画のタッチ、古文書の文字の美しさ・・・
本物でみると記憶の片隅に
強くインプットされます。

国が認めた宝なのだから、
現在の自分の理解を超えた、
何かしら、秀でた価値がそこにあるはずです。
その価値にいつか堪能できるときがくることを願います。


by shimada1217 | 2014-11-03 23:24 | Comments(1)


日々の出来事・日々考えたことを綴っています。


by 島田義信

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

増える、未来をつくる建築仲間!
at 2018-07-16 22:36
雨量
at 2018-07-16 22:29
Give Me Five!
at 2018-07-09 08:05

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月