<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

桃の誘惑

前回紹介した、絶景温泉は山梨。
山梨に桃を買いにお遣いに行ってきました。
ついでに桃狩り。
1500円!
桃好きな自分としては、これは、ぜったいに
行かないわけにはいきません。
1500円で桃が食べ放題。
天国のようなお話にきこえますが。。。
d0297177_09065441.jpg
こんなこと書いていいのかと思うのですが、
朝飯ぬいて昼前にいったのすが、
食べれて3つ。4つは食べれず。
しかも、素人の自分がおいしい桃を選ぶわけですから、
とうぜん、外れあり。
残すわけにはいかないので、
甘くない桃も食べることになります。

結局、1個500円のスーパーおいしい桃を
3個食べたても同じこと
というオチです。

ただ、
もぎ取るという感触、
選ぶという楽しさ、
とれたての新鮮なもの外で
ワイルドに食べるという、
原始的な行為は
お金に変えがたい体験です。


by shimada1217 | 2016-08-31 09:07 | Comments(0)

風会議

熊谷商工会議所青年部の企画で、
市役所職員との懇親と、テーマに沿った
ディスカッションをして街の魅力を考えることを目的とした
会議です。
毎年行われています。
今年は、自分が、委員会の委員長ということで、
企画、運営から懇親会までを計画!
まぁ準備が大変。。。
先日、無事に終わって何よりでした。
d0297177_09035692.jpg
今年は、ディスカッションの前に、
市役所職員の方にお願いをしていただき、
熊谷市の、2019ラグビーワールドカップまでの動き
を説明していただいり、前回イングランド大会の
様子を報告していただきました。
d0297177_09035194.jpg
それによると、試合会場となる街では、
試合会場の競技場とファンゾーンなるものがあるとのこと。
ファンゾーンというのがおもしろく、
大型モニターでの試合の観戦や、飲食、
その他、アトラクションがあったり、臨時のイベント
スペースです。
観戦する人は、街の入口(駅など)からファンゾーンを通って、
競技場へ向かったりします。
それらの距離は40分程度、4K弱であれば歩いてしまう
とのことです。

熊谷に当てはめてしまうと、
海外の観戦者は市内から、競技場までも歩けて
しまうそうです。

すでに、熊谷では2019ラグビーワールドカップに向けて、
いろんな企画進行中とのことです。
その開催時もそうですが、そのあとの街づくりについても
自分が住む町が変わっていくことはとても楽しみです。
自分もその一端を担うことができればと思います。

by shimada1217 | 2016-08-31 09:05 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

巣鴨の住宅  いろいろ見えてくる

上棟式が終わって、3週間。
電気工事が、はいってきました。
d0297177_23161445.jpg

スイッチ、コンセントそのほか、設備機器の配管など、、、
50分の1の図面では、
見えない様々な、取り合いが
いろいろみえてきます。

施工の上で、おさまらない部分を、
施工者側で挙げていただき、
使い勝手と設計意図をしっかり伝え、
現場と、あーできないか、こーできないか、
一つ一つ、丁寧に協議していきます。
内容によっては、事務所に持ち帰り、
じっくり、要検討。

重要な工事監理の上で、時期の一つです。

by shimada1217 | 2016-08-22 23:19 | Comments(0)

絶景温泉

山梨にある、ほったらかし温泉。

ご存知の方もおおいのでしょうか。
知りませんでした。
http://www.hottarakashi-onsen.com/
d0297177_23083357.jpg

こんな温泉があったなんて!
昭和の銭湯の本物バージョンですね。

建物の平面計画もよく、
屋外脱衣室、室内風呂からの、富士山への景色も
よかったです。

建物の簡素すぎるつくりも、見入ってしまいます。

あと、ポイントは、風呂をのぞき見されるような場所が
どこにも無いことも、こういった施設を計画できる
重要な要素です。





by shimada1217 | 2016-08-22 23:11 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

思い出の保育園

今年の一級建築士の課題は、
保育園関係の施設です。
そこで、建築士会の活動の一環で、
偶然、自分の出身の保育園に行く機会がありました。
d0297177_22120297.jpg
自分の後輩が、昼下がりの暑い中、
元気よく、走り回っている、景色が
とても印象的でした。

当時とは異なって、立派な図書室や、
登園前の幼児や保護者のための施設など、
時代の流れに応じて、様々な
昨日の部屋があります。

ちなみに、保育園のトイレは
ニーハオトイレです。年齢にもよりますが、
オープンとなっています。
仕切りがありません。
子供ですし、管理の問題もあります。

d0297177_22121786.jpg
さすがに、トイレのことまでは
覚えてないですが。


30年ぶりの訪問。
当時の園長先生もご健在でした。
自分のことを覚えてくれていた
ことには感激です。
昔のアルバムをみながら、
当時の様々な思い出話。
自分の記憶力もすごいもので、
遠足や、おとまり保育、給食、
友人や、先生の名前も覚えてました。
思いがけず、楽しいひと時でした。
d0297177_22122038.jpg
写真は、思い出の門。
両親は共働きだったため
迎えも遅かったです。
いつも夕方になるとこの門を眺めて、
親の迎えを待ち遠しくしていました。

by shimada1217 | 2016-08-14 22:14 | Comments(0)

世界の料理  INモンゴル

前回のブータン料理に続いてたまに、
異国の料理に興味がわきます。

d0297177_22104261.jpg
そこは、とにかく羊肉。
羊肉をゆでてかぶりつきます。

モンゴルでは、羊は骨以外はすべて食べるそうです。
遊牧民である、モンゴルの人は、海で漁をするわけでもなく、
農耕を行うわけではないので、羊はすべての栄養源。

一口、二口、
「なるほど~」と思わずうなるような
料理が並びます。


店の内装はゲルとよばれる移動式
住居を模したもの。
遊牧民という生活形式
とその住居でとても有名です。

世界の多くの人々は、定住を基本とします。
家を建てて、そこで、田畑を耕して、
社会を作っていきます。
モンゴルはそうではない?とすると、
興味深い生活です。

世界の料理は、その世界の文化をしる
とてもよいきっかけです。

by shimada1217 | 2016-08-14 22:10 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

「スクエアガーデン池袋」

独立前にお世話になったKEN一級建築士事務所で、
最後に担当お手伝い
させていただいた池袋のマンション、
「スクエアガーデン池袋」が新建築という
雑誌に掲載されたという報告を受けました。
d0297177_22264174.jpg


島田は主に、実施設計という詳細な設計図の作成と
役所への申請手続き関係。
デザイン的に最上のこだわりを考慮しながら、
このような大きな物件だったのでいろいろ作業も膨大。
写真を見ると、空間に対する感動よりは、
「ここ苦労したんだよな~」という思い出が
よみがえります。
http://www.ken-architects.com/h_mansion.html
紹介するサイトがあります。
ぜひご覧になってください。
by shimada1217 | 2016-08-08 22:30 | 建築 | Comments(0)

鴻池朋子 作品展 IN 群馬県立近代美術館

先日、群馬県立近代美術館へ行ってきました。
鴻池朋子さんの作品展です。
http://mmag.pref.gunma.jp/index.html
動物の皮をキャンバスとして使用したり、
その他、たくさんの素材をコラージュしてつくる
作品が特徴的です。
d0297177_22183559.jpg


島田が印象的だったのは「赤」の色。
血を表しているのだと思いました。
血をみることの苦手な自分は、
ゾクソクした気持ちになります。
そういった意味で、タイトルの「根源的暴力」
なのかなと思います。
動物の皮や毛皮も使用しており、実際の生き物でなく、
その生生しさ感じさせる作品に感じます。

ちょうど手元には、皮のバッグを持っていました。
生き物感を感じます。

群馬県立近代美術館の
周りは、芝生の広場あり、木立ありの
涼しいような場所のはずですが、
内陸の群馬のうだるような暑さには
まいりました。
by shimada1217 | 2016-08-08 22:25 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

巣鴨の家の上棟式

巣鴨の家の上棟式が無事に行われました。
d0297177_812810.jpg


本格的に工事が始まります。

お施主様、工事側、設計から挨拶。
d0297177_8121914.jpg


お施主様からの、建物に対する熱い思いを胸に、
竣工に向けて、一歩一歩着実に、進めるのみです。

原寸スケールの空間が、生まれたときです。
図面や、模型で何度も確認しいているのですが、
やはり感動があります。

写真は上棟式に使用される、飾り物。
d0297177_8124760.jpg


とてもよい表情です!
by shimada1217 | 2016-08-01 08:13 | Comments(0)

浜松プロジェクト~写真撮影

竣工して間もなく、建物の写真撮影が
行われました。
晴れ間を狙っていったものの曇り。
こればかりは、仕方ありません。
d0297177_892961.jpg


それでも、室内は、ほどよい光具合だったことで、よい写真が
とれました。
また、夜景もばっちり!
カメラマンのファインダーの先の、
感動的な美しい映像にシビれます!
d0297177_8101897.jpg


昼食時は、満席に近い、
たくさんの人に食堂を使っていただいているようです。
今までは、ほとんど社員食堂は使われていなかったことを
考えると、とても喜ばしいことです。
建築の力に一つだと思います。
by shimada1217 | 2016-08-01 08:11 | 建築 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

タグ

外部リンク

最新の記事

縁の下の力持ち~うどんサミット
at 2018-11-12 19:08
遺跡があるのか無いのか
at 2018-11-12 19:04
焼肉korean dinin..
at 2018-11-05 09:13

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月