<   2018年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

県内の建築設計業務が一休み 建築士会 全国大会

先週の、木、金、土と3日間、
建築士会の全国大会がさいたま市でありました。
今年は埼玉県主催。61回目。
埼玉では、初めての開催です。
2年前から、先輩らが周到に準備し、
ようやく本番を迎えました。
埼玉の建築士、200余名で
全国からの3000人をおもてなし。
県内の、建築士はそのおもてなしのため、
自分を含め、業務を一休み。
d0297177_08000934.jpg

初めての開催。勝手がわからないにもかかわらず、
計画的に組織的に、そして時に、
臨機応変に動く様は素晴らしいと思いました。
皆さんの一体感を感じました。
また一つ繋がりができたと思いました。
d0297177_08003005.jpg
自分は、裏方の設営。
その合間にいくつかの勉強会に参加させていただきました。

全国で活動されている各建築士会の活動報告では、
木材利用の促進に関する活動が目立ちました。
日本における、木材利用の推進の大切さを
考えさせられます。
また、今年は、全国各地で災害が多かったです。
各地でのその報告会がとくに記憶に残りました。
岡山、北海道、愛媛、、、。
北海道からいらっしゃった方をお話しを
する機会がありました。
地震よりもそのあとの、2日間の
停電がきつかったと。
d0297177_08001850.jpg


3日目は県内の建築ツアーを開催。
一番人気は川越。
さすが全国区の知名度です。

この熊谷にも行田とあわせて、
ツアーが組まれました。
妻沼の国宝、聖殿様です。
日光東照宮のような極彩色の装飾は
皆、驚かれていました。
d0297177_08002629.jpg
来年は、函館にて!楽しみです。


by shimada1217 | 2018-10-29 08:03 | Comments(0)

全国のうまい、うどんが集まる祭り

今年も、熊谷で全国のうまいうどんが集まる
うどんサミットが開催されます。
11/10(土)、11(日)、熊谷ドームの手前の広場で、
開催されます。
全国から、32のうどんが集まります。
今年は、去年より店舗も増え、
またお店もいくつか新しくなり、
よりいっそう魅力が増えました。


美味しそうなうどんが沢山あります。
サッパリ系からお肉系まで!
つけ麺から焼きうどんまで。
バリエーションの多様さは驚きです!
本当、日本のうどんの食文化、
またアレンジする食文化は面白いです。

1日、胃袋には頑張って4杯しかおさまりません。
さて、なにを食べるか?

が、当の自分は、裏方。
その下準備をこの数か月着々と進めてきました。
自分は、裏方。会場の設営補助と、
ごみの回収と冷蔵車の管理。
縁の下の力持ちですね。
その最終実行委員会が開催されました。
d0297177_07580198.jpg

当日は、公共交通機関、かつ、混雑する時間をさけて
来場していただくことをおすすめします。

ちなみに、なぜ熊谷でうどん?

小麦の二毛作を広めた権田愛三という方が熊谷出身。
かつ、昔から、うどんを食べる文化があることからです。
よく祖父もうどんをうってくれました。
また、今でも、田舎ではうどんでもてなしてくれることが
あります。そんな土地柄だからです。

by shimada1217 | 2018-10-29 07:59 | Comments(0)

リノベーションの街、草加

商工会議所の会議が草加でありました。
埼玉県内の青年部メンバーの交流企画の詰め。
ほか、草加の青年部のメンバーの丁寧なおもてなしには、
本当に感謝です。街の印象がさらに、よくなります。

草加といえば煎餅ですが、街づくりの取り組みとして、
リノベーションの積極的な街として有名です。
リノベーションの勉強会などが
積極的に開催されています。
ただリノベーションするだけでなく、
なにに使うのか、どうやって事業化していくのか
運用の仕方などそのあとのことまで勉強します。

商工会議所の会議の前に街を散策させて頂きました。
d0297177_08474382.jpg
d0297177_08473581.jpg
写真は、アオイエ。
レンタルキッチンとして利用されて
います。
d0297177_08473950.jpg
d0297177_08481075.jpg
写真は、街の小さな一画を生かした、
飲食店。
クラフトビールやおつまみや、
があります。
仕事帰りに一服したい雰囲気です。


偶然、草加と熊谷、2拠点で街づくりで活躍の
白田さんに会いました。
突然の訪問にもかかわらず、
丁寧に案内していただき
嬉しかったです。
ありがとうございました。
とても、勉強になりました。


ページ一番したのマップを
おすすめします。


by shimada1217 | 2018-10-22 08:49 | 経営・交流 | Comments(0)

法規がかわる、かわる・・・

建築士会主催の法令説明会。
毎年開催されています。
d0297177_08450463.jpg
今年は社会の変化を踏まえて、
大幅な改正があります。
基本的には、様々な規制が、緩和される
流れなので我々市民にとっても嬉しいことです。
ストック型社会、福祉社会の流れを汲んでのことと思います。
特に用途変更の確認申請対象の
大幅な緩和は注目です。
確認申請対象となる用途変更部分の床面積が100㎡以内から
200㎡以内に緩和されます。

以下国土交通省のヘビーなページですが。


ただし、既に施行されているものもあれば、
1年以内施行といつから施行されるのか
注意がいるようです。

自前の法令集は、一式買え変える必要があるようです。
覚えることは大変ですが、積極的に法律は変化させてほしいです。
それを実際に採用する我々も、
しっかり守っていき、無駄な法令が、増えていくのは、
ゴメンです。


by shimada1217 | 2018-10-22 08:45 | 建築 | Comments(0)

美しいグラフィックデザイン

先日開催されました、
オーガニックフェスの懇親会に
参加してきました。
我々ボランティアだけでなく
フェスに参加した出店者や県内各市町村の
未来の鍵をにぎるキーマンの方々、
フェスの運営をしていた方々など130名で
大変賑わいました!
d0297177_08404564.jpg

今回のフェスではチラシやTシャツなど
に綺麗な色のグラフィックデザイン
が自分はとてもすきでした。
そのデザイナーである、
畑ユリエさんに懇親会の合間に、
お話をきくことができました。
d0297177_08405091.jpg
会場の雰囲気や大会テーマをもとに
デザイン。緑は植物、赤は太陽、
水色は大空、ベージュは土、
グラフィックの金色は、実りの豊穣を表現。
自分はその色のバランスや
その構成の仕方がとても絶妙で
美しいと思いました。

開催までの間、市内の各所に
このグラフィックデザイン
のポスターが掲示されていました。
自分にとって、
ぐっと目を引くデザインでした。
ポスターがアートのようです。
アート作品が街にあるようで、
とてもよい雰囲気だったことが印象的でした。

来年開催も楽しみです。


by shimada1217 | 2018-10-15 08:41 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

青年建築士の会議 東京にて

東京建築士会の会議室にて、
1都9県の青年建築士の代表、20余名が
集まった会議がありました。

新しくなった都内の下町あたり、
人形町に移転した東京建築士会。
その新しい会議室に
そして、皆手元にPCを構えた
ペーパーレスな会議。
先端の会議の様子?少し新鮮な風景です。
d0297177_08344578.jpg
埼玉大会では、例年の反省や
今後の大会のため、プログラム構成や、
分科会の内容、ペーパーレスなど
いくつか変更を加えています。
大会に参加するメンバーのため、
開催するメンバーのため、
来賓や協賛企業のためかと考えています。

例年と変わることで、
細かな対応も変わっていくことで、
今後のディテールはしっかり詰める
必要があります。
理事の皆様の前向きで
貴重な意見を聞け、
協議できたことはよかったです。
そして、
理事の皆様の概ね賛同はいただけました。

議事提案者の我々の真剣な提案
理事の方々の多様な観点からの意見
それらをまとめる議長など
皆がそれぞれ充実し、
それだけに大変な会議だったかと思います。
白熱すること5時間。
13:00開始の18:15終了。


懇親会を楽しくするための、
余興としては十分すぎました 汗)

建築士会の会員向けの大会なのですが、
あと半年と少し。しっかり組み立てて
いきたいと思います。
これもよい経験!

by shimada1217 | 2018-10-15 08:34 | 経営・交流 | Comments(0)

SUS(ステンレス)パイプを利用して

吉見町の住宅の現場です。大工工事の下地も終わり、
内装工事に入っています。
お施主様のそれぞれの生活に寄り添った設計を
心掛けています。
ステンレスパイプを使用しいくつか
オリジナルで提案させていただきました。
写真はスノボード置き場。
d0297177_08071830.jpg
一日使用した濡れていたり、汚れていたりするボードを
そのまま立てかけて置けるようにしました。
メーカー製品でもあるのですが、ごつかったり、
値段も高かったりするので、今回は
このような形で提案しました。
次の写真は、洗面脱衣室のパイプ。
d0297177_08072717.jpg
上段のパイプはバスタオルや
マットを干すことを考慮し、
下段は雑巾などを掛けられるようにしてあります。
最後は、カウンターの足を掛ける
パイプ。
d0297177_08072394.jpg
カウンターでの食事をメインとするお施主様。
足を置く場所です。
高さやパイプの前後の位置など細かな配慮を
しながら提案させていただきました。

先日、お施主様より、家族が一人
加わったとのおめでたい連絡が入りました。

本当に、新居での楽しい生活が待ち遠しいです!

by shimada1217 | 2018-10-09 08:08 | 建築 | Comments(0)

よい街並みのために

よい街並みを守るためのルールに建築協定という
ルールを定めている地区があります。
建物高さや隣地や道路からの距離の確保、
建物用途などを制限し、
素晴らしい住環境を守っていくという
意識の高い地区です。
d0297177_08052907.jpg
とてもきれいな街並みが続きます。
手続きとしては、建築確認申請の前に。その地区の
建築協定委員会に図面を提出し審査を受け合格をする
必要があります。

先日、その地区での建築の計画の審査会へ
設計者として計画の説明のため出席してきました。
委員会は住民らの代表で構成されます。
その委員の鋭い眼光のなかでの説明は緊張しました。
それは裏を返せば、素晴らしい住環境を
守ってよ!というメッセージ。

結果、審査は問題なく通って一安心。肩の荷がすこし
下りました。

議論になったことは、
外壁の色。協定のルールには周囲の景観と「調和」する外観
とするとのニュアンスの文言があります。
「調和」
個人の価値観によりかわる判断はとても難しい
ものだと思います。
外観の色はマンセル色相環の値で範囲を定めている
行政もあります
そういった場合はすぐに判断できるのですが、
定めがない場合は難しいです。

審査する建築協定委員の方々は、住民達の
代表といった立場でやたらな判断はできません。
そしてお施主様や、我々設計サイドも
要望はあります。
それら皆さんの立場を考えながらの説明は
頭フル回転で大変でした。

by shimada1217 | 2018-10-09 08:06 | 建築 | Comments(0)

佐々紅華

寄居町の川沿いの絶景にある料亭の設計者です。
料亭の名前は、「京亭」。
この辺りではとても有名。一度、見てみたいと思ってました。
料亭であるがゆえ、気軽に見学はできません。
久しぶりの親達との外食
として利用されていただきました。
d0297177_23050641.jpg
d0297177_23051044.jpg
設計者は、佐々紅華。
知らなかったのですが、
大正から昭和にかけて音楽関係の作曲家として有名な方とのことです。
??そう、設計者であり作曲家。
調べていて、そんな人生にとても
興味が湧きました。
建築学校をでるも、音楽を捨てきれず、
に作曲家のみちに向か家数々のヒット曲を
産んだそうです。

そんなことを帰ってネットで調べ、
撮影した写真と照らし合わせていると、
障子のデザインは、
楽譜をモチーフにしているのでは。
d0297177_23050712.jpg
d0297177_23050927.jpg
d0297177_23051123.jpg
基本は、質素で落ち着いたセンスを感じる雰囲気です。
随所に見られた素材の使い方や、細かな装飾が、素敵でした。

窓の外は眼下の荒川の流れの
音が、ここちよかったです。
昔、行った、落水荘を思い出しました。

by shimada1217 | 2018-10-01 23:09 | 建築 | Comments(0)

新しいビジネスが生まれる場

テレビなどでよく見る、
新しく成功したビジネスの紹介
番組はとても面白いです。
一見、珍しいことも実は、理由があり
なるほど〜と思います。
それなら、自分でもできる
っとも思ってしまいます。
外から見るのは楽しいのですが、
あらたなビジネスを
考えるほうは、大変です。

商工会議所では、
ビジネスプランコンテストを
開催していて、青年部では、
青年部メンバーでコンテストに
参加する人のサポートをしています。
そのサポート委員会に参加しています。
d0297177_23115642.jpg

今年もメンバーは、数人の方が、
参加予定。
新規性、ターゲットや予算計画、将来性、地域貢献性など、いくつかのポイントを
踏まえながら考えていきます。
自分ら、サポートの参加者は、
外野で、楽しいこと、面白いことを
自由にいえますが、他からの、
それに対する厳しい指摘など、
いろいろディスカッションしての過程は、
多角的な視野を持つことに勉強になります。

できてしまえば、簡単なことに見えますが、
1から構築していくことは難しい・・・。

新しいビジネスが生まれる場。
とても貴重なシーンだと思いました。


20年、30年先は、変化する世の中。
こんな機会を大切にしながら、
将来を見据えたいと思いました。

by shimada1217 | 2018-10-01 23:05 | 経営・交流 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

皆野町にて小さな上映会
at 2018-12-17 08:25
建ぺい率
at 2018-12-17 08:21
インテリアに合わせて急須を買う
at 2018-12-09 23:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月