見切り

S邸新築工事は内装、外装下地工事
で大忙しです。

建築の施工現場にて
壁と天井、床と壁、異素材同士のぶつかるところには、
見切り材が必ず入ります。
巾木とか廻り縁とかです。

施工のしやすさ、今後の使用状況などを考慮
すれば必須と言われますが、
見た目の問題があります。
いかに目立たなく見せるか、もしくは、本当に
見切りは必要なのか。

施工サイドと設計サイドの葛藤です。

でもこの葛藤があるからこそ
よりよい建物になるのではないかと
考えています。


今日は外壁の杉板を貼る工事が始まりました。
スリットをいれて継ぎ目がわかりにく
いようにしてあります。

その出隅の部分でちょっとした
葛藤がありました。
d0297177_22233115.jpg

d0297177_2224157.jpg

# by shimada1217 | 2013-06-07 22:26 | 建築 | Comments(0)

森美術館 LOVE展

森美術館で開催されているLOVE展へ行ってきました。
「愛」をテーマにした作品をあつめた作品展で、
各アーティストの「愛」というキーワードに
たいしての考え方が作品化されています。


頭のかたい自分、アート慣れしていない自分にとって
難解な作品も多かったでした。が、
展示の後半にあった二つの作品がとくに印象的でした。

一つ目は草間弥生の作品
よく、屋外の展示物として、水玉模様でおおわれた
物体の作品は多いのですが、ここでは、
空間、部屋全体が、水玉模様の作品。
d0297177_230514.jpg

壁面が鏡で部屋全体に水玉模様が広がっています。
「愛」との関連はなかなかわかりにくかったのですが、
独特の、異様さと、どこか水玉模様の愛らしい空間です。
これほど、作家とその作品性が一体に感じるのはまた魅力です。

二つ目は、「初音ミク」のライブ模様の映像。
架空のアイドルのライブとそのライブを楽しむ
オーディエンス。
そこにも存在する立派な「LOVE」
「初音ミク」とは名前は聞いていたことがありましたが、
まじまじとみるのは初めてでした。
仮想空間上の女性ですが、
どこか不思議で魅力に感じます。

この展覧会の最後の展示が「初音ミク」
ということに、この展覧会の意義というのを
感じます。
架空の人物に対する「愛」という現象
が近年、テクノロジーによって起きているけど、
そもそも、「愛」ってこと自体、架空の
のものに対することなのかも。と。
「初音ミク」というのは、現象としては最新のことだけど、
本質的にはむかしからあることなのではないのかなと。


本日は、たまたま、水玉模様のシャツをきて、そして、昼は、
電気屋に用があったので、秋葉原にいました。
偶然の一致でした。

この展覧会は9/1まで開催されています。
気になる方はぜひ!

森美術館の近くの21_21 DESIGN SIGHTで行われている
「デザインあ」展。最終日で、じつは、すいているかな
と思い、閉館1時間前についでにたちよるも、
d0297177_22592631.jpg

すごい行列。こりゃ無理。
# by shimada1217 | 2013-06-02 22:57 | Comments(0)

部材寸法は3の倍数で

今週は、外壁の下地工事が行われています。
d0297177_23375348.jpg

外壁には柱と外壁の仕上げの間に、
通気層とよばれる空気の隙間を
設けています。
これは、壁内分を常に乾燥状態にするためです。
それにより、木の柱の持ちが全く異なってきます。
気密性の高い最近の住宅ではとて大切なディテールだと
考えています。

そして、その通気層を設けるためのスペーサー。
いわゆる、通気胴縁が
20mmか21mmかという話。
d0297177_2338294.jpg

建築の部材の規格は通常3の倍数で作られています。
尺や分そして、間などむかしながらの単位も
3の倍数です。
ですので、通気胴縁も21mmならば規格であるけれども
20mmとなると、わざわざ加工し製作
しなければならなくなります。

設計段階ではそこまで、配慮がいきとどかず、
ぼくの設計図の指定は20mm。ですが、今回の計画では
20mmを21mmとしたとしても、その1mmでとくに、性能が
かわるわけでもありません。

ですが、設計図は優先されるため、その手間をかけて、加工し
20mmの部材で納入されます。
(そしてお金もかかります。)

材料屋さんに、ひとこと。
「部材は3の倍数でお願いします。」いわれました。
以前にも雑談のなかで、おそわったことだけに、
耳が痛かったです。

師がいなくなった今、そういった言葉は痛いですが、
とてもありがたいです。
# by shimada1217 | 2013-05-29 23:40 | 建築 | Comments(0)

祖母の現場見学

d0297177_1005746.jpg
日曜日は、現場が休みです。
ですので、この建物の主でもある、
私の祖母の現場見学会!


足腰のわるい祖母です。
釘がむき出しになったり、施工途中なので、
段差もたくさん。
現場を案内するのは、ただでさえ大変
でしたが、なんとか、無事、見学することができました。

大変喜んでいただき、設計者である私としては、
とても、うれしいかったです。

この、一年、なにかと祖母と接する機会がおおいのですが、
接することで、足腰のわるい高齢者の動きというのが
大変よくわかります。

①段差はほんとうにきつい!
②歩行するきは、なんでもいいから、
 つかまる場所がほしいこと。
③トイレが近い!

そんな視点を意識して設計もしましたんで、
安心して過ごしていただければと思ってます。

それより、なにより、残りの人生をぼくの設計した、
住まいで過ごしていただくことは恐縮です。ですが、
絶対に気持ちのよい家です!
よりよい日々を送っていただければ
と思ってます。
まだまだ、90過ぎても元気な祖母です。
# by shimada1217 | 2013-05-26 10:02 | 建築 | Comments(0)

仮装行列の集団に遭遇!

昨日、土曜日の朝、河川敷をランニングしていたら、
仮装行列の集団に遭遇!

d0297177_9351149.jpg


まさかと思いつつ、近寄ってみたら、
そう、そう、母校の名物イベント、
40kmハイク!でした。

熊谷から長瀞までを
一部の運動部員を除いた人は、
仮装して(任意)歩くイベントです。

ぼくも仮装してあるったことを思い出しました。

いまだに、こんなイベントが続いていること、
さすがです。素敵な伝統です。

昔にもまして、保護者の観客が多かったことが、
変わったな~って思いました。

スタート前に応援団と校歌うたってました!
こっちまで士気があがります!
# by shimada1217 | 2013-05-26 09:36 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

寝るという空間にこだわる
at 2018-08-13 09:18
埼玉のロングライフデザイン ..
at 2018-08-13 09:16
Market TERRACE..
at 2018-08-07 08:30

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月