人間ドック

去年からはじめた年に一度の人間ドック。

一人親方の設計事務所は体力勝負。

健康には最大限に気をつかうようにしています。

毎日、体重計に乗って太らないように気をつけているのですが、

人の健康は体重という1指標だけではありません。

たくさんの指標で自分を評価していただけます。

d0297177_07582194.jpg

ドックの最後に医師の面談で当日測った項目の

速報値についてのお話がありました。

経過観察的な項目がいくつかあるのことは

まだよいのですが、

一番は、コレステロールの数値!

調べてわかったのですが、揚げ物が原因。

唐揚げ、トンカツ、天ぷら、ポテトフライ、

憧れの食べ物です。

疲れの癒しにと積極的に食べていたのですが、、、。

とはいえ、揚げ物はやめられません(笑)

どれぐらいまでなら食べられることはできるのか?

いろいろ研究して、みたいと思っています!

建築のデザインだけでなく、

体もしっかりデザインしようと改めて思いました。

という決まり文句。


# by shimada1217 | 2018-04-03 07:58 | Comments(0)

夫婦でキッチンについて話し合う

キッチン、風呂、洗面の機器選定を
ショールームにて行いました。
d0297177_19451563.jpg
最近は、男性もキッチンに立たれる方も多く、
積極的に意見を発言するケースが本当に多いです!
たくさんのアイテムを前にしての
夫婦でのディスカッションはとても
有意義だと思います。
共働き夫婦が増え、積極的に家事分担を
していることだと思いますし、
男性は大胆に動ける機能性を求める
傾向がありますね!
また、男性も一人暮らし経験者が増え、
家事をするということが抵抗なく、
当たり前なのだなと思います。
自分もそのうちの一人です。

男子厨房に入るべからずといった言葉は、
もう過去の言葉におもいました。

d0297177_19453435.jpg
写真は、偶然見つけた、
うどん打ちセットがはいる仕様。
うどんをうつ大きなボールとか
麺棒までぴったりサイズ!

うどんの街熊谷ならでは?

# by shimada1217 | 2018-03-26 19:46 | 建築 | Comments(0)

外国人観光客で溢れる白馬の街

久しぶりの白馬へ。
そこで見かけたのはたくさんの外国人観光客。
オーストラリア人を中心とした
観光客で賑わっていました。
d0297177_19415815.jpg
食事に店に入ると「ハーイ!」と!
店はいつのまにか、海外の人で溢れ、
まるでここは異国の地。
プリップリの女性が
テンション高めの雑な接待してくれる雰囲気です。
ゲレンデの食事はラーメンとカレー
だけでなく、ステーキに、ピザに、タコスに
海鮮丼に、、なんでもあり。

白馬の街は、店のスタッフだけでなく
ホテルのスタッフやゲレンデのスタッフも
海外の方々がとても多かったです。

今、国全体で、外国人観光客の受け入れを
行っていますが、
白馬では外国人は観光客でなはく、
別荘として生活している、そして、
仕事もしている、外国人に根付いた街の姿
垣間見ることができました。

経済的なメリットもある一方で、
夜の騒がしさなどの
近隣住民との問題もあるようです。


少しよった善光寺の参道で、
偶然見つけた、
彫刻家 藪内佐斗司氏の彫刻!
とても好きなのでうれしかったです。
d0297177_19441975.jpg

# by shimada1217 | 2018-03-26 19:44 | 旅行 | Comments(0)

市民参加の設計プロセス

太田市美術館・図書館に行ってきました。
市民による声で作り上げられた、施設。
今回の訪問は、そういったソフトの経緯を
勉強させていただきました。
ただのデザイン重視のハコではありません。

d0297177_08175988.jpg

設計段階で、市民がワークショップに
参加し、設計者と市民が皆でプランを
考えるプロセスが特徴的でした。
市民参加の設計プロセス。
設計コンペでは、そのプロセスも
提案する要項だったようです。
また、どういう使い方をしていくのか、
とても考え抜かれた施設でした。

d0297177_08182845.jpg
太田の特産の食材を使ったメニュー。
d0297177_08181326.jpg

美術館の情報コーナーは、
ミュージアムショップに次いで好きな
ところです。

新しい公共施設のあり方は、
とても興味深かったです!


# by shimada1217 | 2018-03-20 08:20 | Comments(0)

民泊についていろいろ建築的な側面から

話題の民泊についていろいろ調べる機会が
ありました。
計画の上で、鍵となるのは宿泊室が、50平米超、
もしくは、常駐の管理者がいるか。

お客様の安全を確保するため、
規模に応じて、
非常照明や、避難経路の確保のための
防火区間、内装制限や、廊下の幅などの
規制があります。
消防法も、ホテルなどとしての扱いの消防庁から、
通達もでています。
とはいえ、建築基準法系の項目関しては、
規模が小さければ、それほど、コスト的にも、
工事的にも難しいことでは
ないのかと思います。いいバランスなのかと。

d0297177_08045706.jpg

実際、役所では、まだまだ対応について
検討中のところも多いようです。
役所に相談に行ってみるも、珍しさか、
10名くらいの職員に囲まれてしまいました。。汗。
でも、いろいろ親身になって
考えてくれたる職員の方々には感謝です!


# by shimada1217 | 2018-03-20 08:16 | Comments(0)


日々の出来事・日々考えたことを綴っています。


by 島田義信

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

観葉植物は、器も大切
at 2018-04-16 19:38
素材の味を生かします
at 2018-04-16 19:31
初顔あわせ
at 2018-04-10 08:15

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月