代々住み続ける

築80年の家に住まわれているお客様より、
家の状態を見てほしい相談がありました。
d0297177_22304718.jpg
d0297177_22305879.jpg
築80年。そこで営まれた生活の歴史、
そのお話が、とても興味深いものでした。

その家は洪水にて流されたあとに、
近くの村より移築されたもの
昔、二階は、蚕部屋。一階の限られた
スペースでの生活、兼、
農作業の合間の休憩場所、
家族が、増えると、二階の蚕部屋を
生活のスペースに改装。
離れは、農機具倉庫や、
蚕のための施設、
昔は周囲は田畑だったところや、桑畑、、、。
住宅は、生産の場所であり、
生活の場。

お客様の語る、住宅とそこで行われた
思い出に心を打たれてしまいました。
80年分の物語が記録されています。

外観や内観、建てつけなど、ひと通り、異常が無いか、
みていきました。
まだまだ、元気に長生きできそうです!


# by shimada1217 | 2019-03-11 22:31 | 建築 | Comments(0)

フリーパス

海外の方々とお話しをする機会がありました。
昨日までは新潟に行っていて、
明日からは、北海道の函館に行くと。
すごい行動力だなと思いつつ、どうして
そんなに動けるのかなと。

見せていただけたものは、
海外の方々専用のフリーパス。
このパスは、6日間、JR東の新幹線含めて
乗り放題で¥26000!
d0297177_22291305.jpg
これは欲しい!
国内を、飛ぶように回れる理由の一つだったのですね。

国や企業の観光戦略の一つなのでしょうか。

新幹線の止まる駅は海外の方々に
来ていただくことに、
比較的有利ともきいたことがあります。
こういったことなのでしょう。

フリーパスで旅したいです!


# by shimada1217 | 2019-03-11 22:29 | 楽しみ・その他 | Comments(0)

リノベーション 大工の大変さ

伝統的な木造住宅は小屋組みの構造を
みせることが一つの魅力です。
先人たちの大工の腕がキラリと光る場所です。
d0297177_08261936.jpg
d0297177_08262421.jpg
そして、今回のリノベーション工事においても、
その部分の工事は大変な箇所なのです。
屋根裏に断熱材を拭いて、天井材を
貼ります。その天井材はこの小屋組みに
合わせて加工しなければなりません。
材料は四角でも円でもありません。
自然の形に合わせて、天井材を一つ一つ、
加工していきます。
短い工期のなか、大工の苦労のあとが
よくわかります。

d0297177_08262746.jpg
よく材料を見ると、
貫の跡があったりします。
要は、昔ほかの部材で使用されていた
もの再利用しているのです。

木、一本無駄にしない姿勢です。


# by shimada1217 | 2019-02-26 08:27 | 建築 | Comments(0)

記念誌

綺麗にまとまりました!
d0297177_08244654.jpg
先日ありました、商工会議所青年部の30周年式典。
自分は記念誌担当として、
夏まえから、進めていました。
青年部記念誌の担当メンバーの英知を結集して
作成してきました。
編集という作業の難しさも味わいました。
資料のまとめ方、不足してる部分の調査、
公平性、誤字脱字、レイアウト、デザイン、、、。
地道な作業が続きます。

とはいえ、
街の先輩方が、過去30年どんなことを
やってきたのか
とてもよい勉強になりました。
この30年は、バブル景気も終わり、
街が元気を失っていく状況です。
IT革命でパソコンは当たり前の時代に
なりました。
そんな中変化の多い30年ですが、街のための取り組みは
今以上に、多くん研修をして、いろいろな所へ出かけ、
活発で楽しそうな活動だったようです。
街の諸先輩からいろいろなことを学ぶまさに、
「温故知新」
そんなことを考えるとてめよい機会でした。

d0297177_08245276.jpg
写真は、式典の懇親会余興の熊谷高校応援団!
観ているほうに伝わる、
この高揚感は、なんなのでしょうか!
宴席で母校の活躍を見れた贅沢な時間でした!

# by shimada1217 | 2019-02-26 08:25 | 経営・交流 | Comments(0)

美味しいごはん

「美味しいごはん」という、
大阪の定食屋さん「ゆにわ」を舞台にした、
ドキュメンタリー映画の自主上映会へ参加してきました。
d0297177_08195832.jpg
美味しい食事が人を幸せにする。

そんな大切なことを気づかせていただく内容でした。
食材の生産のされかた、料理の仕方、盛り付け方、
どれ一つとって物語があります。
それら料理は、とても美味しく、
お腹だけでなく心まで満たす食事となります。

印象的だったシーンはオーナーが
「店内は隅々まで、掃除をするというか撫でてあげるようにします。」
とお話ししたシーン。
この「隅々まで撫でる」という行為が空間を
人に見立てて、かつ、大切な思いをもっている
ことを意識した言葉だと思いました。
建築に携わる自分としては、ふと刺さった言葉でした。
食事空間にも何かが宿っているような。

自主上映会を企画していただきました、
商工会議所のつながりのメンバーの方々は
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

# by shimada1217 | 2019-02-19 08:20 | 楽しみ・その他 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

タグ

外部リンク

最新の記事

金子兜太展
at 2019-04-15 21:23
千葉県成田市へ
at 2019-04-15 21:21
すみだ北斎美術館
at 2019-04-09 22:08

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月