インテリアに合わせて急須を買う

妻沼の焦がしや武一で買いました。
d0297177_22571840.jpg
波佐見焼。長崎産です。波佐見焼とは、
グーグル先生によると、
高級な有田焼きと対照的な大衆的な波佐見焼。
大衆的であるがゆえに時代の変化対応して、
様々なデザインが可能になったようです。
急須といえば、ザ、和風が多いです。

これは、白く、過剰な恣意的な形の無いシンプルな急須です。
白や木の色を基調とした空間の中に、
置かれたときに、全く違和感ないと
思いました。
また、水筒持参の自分は、
大量にお茶を作る必要があり、機能性も
抜群でした。

使い勝手だけでなく、そういった物が
使われる空間まで意識したときに、
物を探す対照は、一気に狭まりますし、
難しくなります。

よい、一品に巡り会いました。

割らないようにします。

# by shimada1217 | 2018-12-09 23:00 | Comments(0)

体感して学ぶこと

座学で学ぶことがことも大切ですが、
体感したりして学ぶことがことも
大切に思いました。
今年は、建築士会の大里支部にて、研修委員会と島田の青年委員会で、
筑波の防災科学技術研究所へ行ってきました。
まずは、地震座布団。
d0297177_22564579.jpg
過去の日本で起きた地震の揺れを体感できます。
東日本大震災の揺れや、熊本地震の揺れ、
超高層ビルの地震の揺れなど、特徴的な地震の揺れを体感できます。
特に、超高層のビルの揺れは、
振り子のように何十分も大きな揺れの中にいるようになります。
家具の固定は、必須。
次に、ナダレンジャー!という講師に自然の災害のメカニズムをわかりやすく、
楽しく伝えていただきました。
d0297177_22565082.jpg
d0297177_22565988.jpg
d0297177_22565535.jpg
氏は、雪崩の世界的にも有名な研究者。
研究者といえども、アウトリーチすること
が主流な時代。災害のメカニズムを子供にもわかりやすく
身近なもので説明していただけました。
それゆえの名前のナダレンジャー!
雪崩、液状化現象、突風、地震のゆれの仕組みなどなど。
ビジュアルで身近なものをモデルに簡単にわかりやすく、
面白く!その教授方法もとても素晴らしかったです。
子供向けとはいえ、十分すぎるくらい、
大人でも学べました。
そして、各種災害のメカニズムを改めてイメージで理解することができました。
ぜひ、おススメです。

最近、災害の多発しています。
建築の安全を様々な角度からイメージすることはとても大切なこと。
とても充実した学びでした。

# by shimada1217 | 2018-12-09 22:58 | 経営・交流 | Comments(0)

天から降りてくるもの 降りて来ないもの(1)

県内上尾市の住宅の新築工事の現場。
無事に地鎮祭が行われました。
儀式には、冒頭、降神の儀とあり、
天から神さまを読んで、
工事の安全を皆で祈ります。
d0297177_08590375.jpg
地鎮祭に出られたかたはわかるのですが、
神主様は神が降りてこられるとき、
「うぉ~~」とうなるような声を発します。
神秘的なことを空想させます。
印象的なシーンです。

儀式は無事に執り行われ、
その後、お施主様と施工者で
挨拶まわり。

とてもよい街並みの住宅街だけに
ご近所様もとてもよい方が多いです。

そのような住宅街ですが、高齢化も進んいます。
若い夫婦があたらしく住まわれることは
大歓迎のようです。
遠くの親戚よりも近くの他人
という言葉もあるように、
ご近所様とのコミュニティを大切にして
いただければと思いました。


# by shimada1217 | 2018-12-03 09:00 | 建築 | Comments(0)

天から降りてくるもの 降りて来ないもの(2)

とある、有名なミュージシャンは、
いい曲ができたときは、天から降りてきたと
いったそうです。

とはいうものの、
建築のデザインに限らず、
全てのよいデザインは、決して天から降りてくる
ものではないと考えています。
d0297177_08551926.jpg
建築であれば、
お施主様の要望を読み解き、
(できる、できないの判断、
そして要望の優先順位を判断)
建物のたつ敷地条件を緻密によみ、
法令や予算を基に
机に向かって地道に試行錯誤。
そして、そこにあるべき住まいの姿にむけて
練り上げていきます。
今週、プレゼン!なんとかよいプランが
できそうです。
しっかり理解していただけるよう
にしたいです。

# by shimada1217 | 2018-12-03 08:55 | 建築 | Comments(0)

銀山温泉

d0297177_22502766.jpg
d0297177_22505338.jpg
d0297177_22504214.jpg
d0297177_22503452.jpg
d0297177_22510462.jpg
街並みは、体感してみるもの。
歩いてこもちよい街並みでした。
よくみる写真の広いイメージとは異なっていました。
通りは細く、歩行者専用。
通りに面した軒は、低く、こじんまりとした佇まい。
そのヒューマンスケールな空間は
タイムスリップしたような感覚を受けます。。
技巧的な木造建築の意匠は、
周りの建築と競い合うように
面白かったです。
谷あいの地形は、敷地のせまさ、
道の細さは、宿の大型化を抑制し、
また、新築は難しく、
昔の建築がよく保存されているのだと
思いました。

人気で泊まれませんでしたが。
街並みだけでも楽しみたいと思いました。
知名度もあり、有名であるけども宿の数は、
圧倒的に少ない。
どの宿も半年前から、予約開始が
多く、人気の宿は、すぐに
満室!また、チャレンジしたいです。

# by shimada1217 | 2018-11-25 23:00 | Comments(0)


日々の出来事・日々想ったことを綴っています。


by 島田義信

更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
楽しみ・その他
建築
旅行
経営・交流
インテリアで大切なこと
双つ庭の家
Artな風が流れる家
未分類

外部リンク

最新の記事

高崎にある器屋 matka
at 2019-01-22 08:15
ホットサンド
at 2019-01-22 08:14
いくつか現場が動きだす
at 2019-01-17 06:47

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月